9:30~18:30
水曜日

空き家対策・相続対策

Vacant measures・Inheritance measures

『空き家』となる原因の過半数が『相続問題』です

他府県にお住まいの、ご所有者様・ご親族の方々へ

 

遠方で、なかなか、ご実家に戻れないあなた。

まずは、お電話・メールで、ご相談をお受けいたします。 

 

また『空き家』となる原因の過半数が、相続問題と言われています。

ですので、不動産売却・相続税など、専門的なご相談も無料でお受けしております。

 

税理士、司法書士、弁護士など、各種専門家と連携して、

スムーズな相続をサポートをさせていただいております。

もちろん、秘密厳守で対応させて頂きますので、お気軽に、不動産の査定と併せてご相談下さい。

 

『空き家』・『空き地』でお困りごとはないですか?

 

◆空き家を所有しているけど、今、売るとしたら、いくらで売れるのかな?

◆もう誰も住まないし、海外転勤で時間がないので急いで売却したい。

◆親が施設に入所して、実家に戻る見込みがありません。

◆お隣と境界についてもめていて、売却するときにトラブルになりそう。

◆高齢の両親と二世帯で同居することになり、実家が空き家になってしまった。

◆古い家や、廃家が残っているけど、撤去する費用がない。

◆終の棲家として、生活しやすいマンションに転居し、田舎の家が不要になった。

◆終活をしています。生前に売ってしまった方がよいでしょうか?

◆亡くなった親の荷物の片づけが大変。

◆遠方で、たびたび戻れないので、地元に詳しい不動産屋さんに手伝って欲しい。

 

『特定空き家』は、土地の固定資産税が6倍になります。

 

『空き家問題』の原因は、過半数が相続に起因すると言われています。

こうして、年々増え行く『空き家』に対して、

固定資産税が密接に関わってくる法律が施行されました。

それは、平成27年5月26日に完全施行された

『空家対策特別措置法(空家等対策の推進に関する特別措置法)』です。

この『空家対策特別措置法』は、

手入れのされていない、放置されたままの空き家を、

防災、衛生、景観の保全、また、その活用促進のために作られた法律です。

これによって、各自治体、市町村が、『空き家』の確認作業を行い、

その結果『特定の状態が当てはまる空き家(特定空き家)』であると判断された場合、

これまで、その『空き家が建つ土地』に支払っていた固定資産税が、

最大で今までの『6倍の額』になる可能性が出てきました。

 

『空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除』空き家の発生を抑制するための特例措置について

 

相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、

被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、

当該家屋(耐震性のない場合は、耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含みます)

または、取壊し後の土地を譲渡した場合には、

当該家屋、または土地の譲渡所得から『3,000万円を特別控除』してくれます。

相続されたご実家や不動産を、早くご売却したいあなたへ

相続されたご実家や、不動産を、

『早く売却したい』、『ご近所に知れれずに売却したい』、とお考えのあなたへ。

『未来家不動産の買取り制度』をご利用ください。

arrow_upward