9:30~18:30
水曜日
2019年10月20日
ブログ

11月4日(月・祝)小椋 佳「歌談の会」が加古川市民会館で開催されます!

令和元年11月4日(月・祝)小椋 佳「歌談の会」が加古川市民会館で開催されます!

 

「さらば青春」「白い一日」「しおさいの詩」「揺れるまなざし」「少しは私に愛をください」等、私の青春時代のフォークソング、

他のアーチストに楽曲を提供した「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」等、数々のヒット曲を生み出し、

今も精力的に歌い続けているシンガーソングライター「小椋 佳」さん。

 

その「小椋 佳」さんが、心に浮かぶ話を普段着の姿勢でゆったりと語り、気の向いた曲を歌いつづる「歌談の会」です。

 

小椋 佳さんの「歌談の会」とは

「歌談の会」は、平成7年(1995年)から毎年日本全国の市町村100ヵ所程度で実施されています。

大がかりな編成で行われるコンサートでもなく、長々と堅苦しい話をする講演会でもない、 小椋 佳さんが、心に浮かぶ話を普段着の姿勢でゆったりと語り、気の向いた曲を歌いつづるソング&トークショーです。

「ソング」が「歌」

「トーク」が「談」

「ショー」が「会」で「歌談の会」です!

 

音楽や舞台制作に対する考え方、その生き様をヒット曲を交えながら語り、時には会場にいらした演奏家・歌手の方を強引に(?)ステージにお迎えし、突然のゲスト出演にしてしまうこともあるそうです。

小椋 佳さんの世界を、より身近に感じていただける「歌談の会」です。

 

「小椋 佳」さん プロフィール

◆昭和19年(1944年)東京、上野に生まれる

◆昭和42年(1967年)東京大学卒業後

 日本勧業銀行(現みずほ銀行)に入行

 同行に約四半世紀勤務

 浜松支店長・本店財務サービス部長等を経て

 平成5年(1993年)退職

◆平成6年(1994年)東京大学法学部に再入学

 文学部思想文化学科に進み

 哲学専攻にて、平成12年(2000年)大学院修士号取得

◆この間、昭和46年(1971年)

 自らの作詩作曲による初LPアルバム「青春・砂漠の少年」を発表

 3作目のアルバム「彷徨」は100万枚のセールスを突破

◆以来、ソングライターとして、

 布施明、中村雅俊、堀内孝雄、美空ひばり等、多数のアーティストへ作品を提供

「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」など数多くのヒット作品があり、日本レコード大賞を始め数々の賞を受賞

◆作詩作曲・歌手活動の他、執筆活動や舞台創造も重ねる

 

小椋 佳さんの「歌談の会」information

◆開催日:令和元年11月4日(月祝)

◆開催時間:開場 16:00/開演 17:00

◆開催場所:加古川市民会館 中ホール

 加古川市加古川町北在家2000番地

◆入場料:一般 6,000円/市民会館友の会 5,500円

 ※未就学児入場不可

 

【チケット取り扱い】

◆加古川市民会館:079-424-5381(9:00~22:00)※月2回休館日あり

◆加古川市民会館オンラインチケットサービス(24時間受付)

◆チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:156-997

◆ローソンチケット:0570-084-005/Lコード:54706

◆CNプレイガイド:0570-08-9999

◆e+(イープラス):http://eplus.jp/

◆加古川総合文化センター:079-425-5300

◆加古川ウェルネスパーク:079-433-1100

◆オクダ楽器:079-424-2018

 

【お問合せ】

◆加古川市民会館:079-424-5381(9:00~22:00)

 

マップ(加古川市民会館)

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward