9:30~18:30
水曜日
2018年10月20日
ブログ「未来の家」

称名寺 私の住む街、加古川の紹介です。

加古川市加古川町本町、そこに、称名寺(とまりじんじゃ)はあります。

 

県立加古川西高等学校周辺は、閑静な住宅街です。

その一角に大きな銀杏の木が印象的なお寺があります。

真言宗仏頂山、称名寺です。

 

この場所は、かつて織田軍が西国毛利攻めをするときに、

軍議が開かれた加古川城、別名『糟屋館』があったところです。

 

賎ヶ嶽七本槍の一人、12代城主『糟屋 武則』

三木合戦のときには、加古川地域の他の城が全て三木の別所方に付きましたが、

唯一、織田方に付いたのが、12代城主『糟屋 武則』でした。

後に、豊臣秀吉もとで活躍し、

賎ヶ嶽七本槍(しずがたけしちほんやり)の一人として武名をあげました。

 

称名寺 入口、山門、本堂、毘沙門堂、不動堂、大師堂

城外に堀が掘られていたようです。

堀が架かる石橋を渡ると山門に続きます。

山門をくぐると広く静かな境内に堂々とした風格の銀杏の木。

奥の正面には阿弥陀如来を本尊とする本堂があります。

右手には毘沙門堂、屋根には毘沙門の毘の文字が入った丸瓦が葺かれています。

 

左手には、裳階(もこし)という庇(ひさし)の付いた相輪塔があります。

この建物は、不動明王が祀られている不動堂で、

中に護摩壇があり、護摩法要が行われます。

 

そして、不動堂の左手奥に大師堂、前に弘法大師の像があります。

 

七騎供養塔(七騎顕彰碑)

境内の中ほどには、文政3年(1820年)に建てられた七騎供養塔があります。

南北朝時代に出雲守護であった、塩冶高貞(えんやたかさだ)が京都を追われ、

本国の出雲に落ちていくとき、足利尊氏の軍勢に追いつかれてしまします。

 

そのとき高貞の弟と6人の武将が、高貞を護ろうとして討ち死にしてしまいます。

人々は、この7人の忠節を憐れみ、塚を築いて熱く葬ったということです。

 

この七騎顕彰碑は、文章も文字も江戸時代の儒学者である、

頼山陽(らいさんよう)によるものです。

 

七騎顕彰碑の右手には、加古川出身の俳人、吉田白馬の墓碑があります。

『死にとふも 死にとむなふも なかりけり 死ぬるときとて 今死ぬる也』

15日間、絶食のうえ詠んだ辞世の句です。

 

一際目を引く銀杏の大木

一際目を引く銀杏の大木は、秋には境内を黄色く染めます。

 

安永4年(1775年)に書かれた古文書に、

銀杏三本、目通り4尺7寸と記され、

昔から、加古川の町の目印とされていたことが伺えます。

 

天を仰ぐ銀杏の木は、

長い時の流れの中で静かに加古川の町を見守ってきたのではないでしょうか。

称名寺を訪れたときには、

歴史を見続けてきた銀杏の木に、思いを寄せてみてください。

 

マップ(地図)

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward