9:30~18:30
水曜日
2019年04月22日
ブログ「未来の家」

「播磨臨海地域道路整備促進大会」が、令和元年5月18日に加古川市民会館で開催します

慢性化している国道2号バイパスの交通渋滞を解消するための「播磨臨海地域道路」の早期整備に向けて、更なる産業の発展と、地域の大きな期待と熱い思いを結集し、国に届けるため、令和元年5月18日に「播磨臨海地域道路整備促進大会」を開催します。 

 

播磨臨海地域は、日本の経済を支える有数のものづくりの拠点になっています

播磨臨海地域は、日本を代表する企業の製造拠点が集積し、日本の経済を支える有数のものづくりの拠点になっています。

 

しかし、将来の経済活動を支える国道2号バイパスは、交通渋滞が慢性化していて、更なる産業の発展を阻む大きな要因になっているのです。

 

「播磨臨海地域道路」は、周辺高速道路網と一体となり、このような交通渋滞を解消し、人やモノの迅速で円滑な流れを促進することで、播磨臨海地域の国際競争力の強化につながる重要な基盤なのです。

 

このたび、播磨臨海地域道路の早期整備に向けて、地域の大きな期待と熱い思いを結集し、国に届けるため、「播磨臨海地域道路整備促進大会」を開催することになりました。

 

播磨臨海地域道路整備促進大会 information 申込み締切は4月25日までです

◆開催日時:令和元年年5月18日(土曜日)14:00~16:00

◆開催場所:加古川市民会館 大ホール(加古川市加古川町北在家2000番地)

◆開催内容:住田弁護士(加古川観光大使)の基調講演など

 

◆申込方法:ファックス、郵送、電子メールのいずれかによりお申し込みください。

◆お申し込み先:播磨臨海地域道路網協議会整備促進大会事務局(加古川市都市計画部都市計画課)

◆電話:079-427-9730

◆FAX:079-422-8192

◆メールアドレス:haririn@city.kakogawa.lg.jp

◆申込締切り: 平成31年4月25日(木)

※参加費は無料です。

 

加古川駅から会場間をシャトル便が運行します

■会場行きシャトル便【大会開会前】

乗り場:加古川駅北広場

12:15から概ね20分間隔で運行し、最終便は14:30に出発します。

■加古川駅行きシャトル便【大会終了後】

乗り場:加古川市民会館前

16:00から順次運行します。

 

※会場駐車台数に限りがありますので、できるだけシャトル便をご利用下さい。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward