9:30~18:30
水曜日
2019年09月14日
ブログ

なつかしの名画鑑賞会「駅馬車」上映会が9月21日(土)に東播磨生活創造センター「かこむ」で開催されます!

なつかしの名画鑑賞会「駅馬車」上映会が、

9月21日(土)に東播磨生活創造センター「かこむ」で開催されます!

 

巨匠ジョン・フォードの代表作の1つ「駅馬車」は、当時衰退していた西部劇を、この1本で復興させた傑作です。

1880年代の西部を舞台に、アリゾナ州からニューメキシコ州のローズバーグまで、様々な人を乗せて走る駅馬車。その旅の間に様々なドラマが展開されていきます。

なつかしの名画鑑賞会は、シネマパートナーが運営している懐かし映画の上映会です。

終了後に、無料で飲めるティタイムもあります!

 

是非、足をお運びください!

 

「駅馬車」概要(Wikipediaより)

アメリカの西部劇映画を語る上で欠かせない名作であり、映画史を代表する傑作として高く評価されている。

 

主演のジョン・ウェインはこの映画に出演する9年前の1930年に「ビッグ・トレイル」で主演に抜擢されたが不評で、その後長い不遇時代を過ごし、B級西部劇映画に出演しながら俳優としての実力を蓄えて、この映画の演技が認められて以降はジョン・フォード監督作品の看板俳優として主演を務めていくようになり、一躍大スターになった。

 

西部劇ではあるが、物語は駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様が中心で、終盤にアパッチ襲撃と決闘という2つのクライマックスが描かれている。

 

アパッチ襲撃のシーンは大胆なクローズアップによる撮影やヤキマ・カヌートによる見事なスタントで、スピーディーかつダイナミックなアクションシーンとなり、アクション映画史上不朽の名場面となった。

 

1995年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

なつかしの名画鑑賞会「駅馬車」上映会 information

◆開催日:令和元年9月21日(土)

◆開催時間:①10:00〜 ②14:00~

◆開催場所:東播磨生活創造センター「かこむ」1階講座研修室

 加古川市加古川町寺家町天神木97-1

◆料金:500円

◆定員:各回70名

◆お問合せ:なつかしの名画鑑賞会

◆電話番号:079-421-1136

◆主催:東播磨生活創造センター「かこむ」

 

マップ(東播磨生活創造センター「かこむ」)

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward