9:30~18:30
水曜日
2019年11月18日
ブログ「未来の家」

「盲導犬ふれあいイベント」が11月30日(土)加古川のニッケパークタウンで開催されます!

令和元年11月30日(土)盲導犬ってなあに?「盲導犬ふれあいイベント」が加古川のニッケパークタウンで開催されます!

 

「盲導犬ふれあいイベント」では、

「盲導犬」について、もっと知っていただくことを目的に、

「盲導犬のPR犬とのふれあい」や

「クイズ大会」が実施されるほか、

盲導犬ステージ、募金活動、グッズ販売など

楽しいイベントが行われます。

 

この機会に、盲導犬について正しく知っていただき、

理解を深めるためにも、是非、足をお運びください!

 

盲導犬は大切なパートナーです!

盲導犬は生きていますから、

食事やトイレの世話、

シャンプーやブラッシングなど、大変なこともたくさんあります。

でも、安全に歩くことを助けてくれるだけでなく、

手を伸ばせば、温かなぬくもりも与えてくれるのです。

盲導犬は、盲導犬ユーザーにとって大切なパートナーであり、家族の一員なのです。

 

目の見えない人、見えにくい人が安全に歩けるように!

目の見えない人、見えにくい人が、

行きたい時に行きたい場所へ出かけられるように、

盲導犬は、障害物を避けたり、段差や角を教えたり、

安全に歩くためのお手伝いをします。

 

道路交通法や身体障害者補助犬法という法律でも認められていて、

目の不自由な人と一緒に電車やバスに乗ったり、お店などに入ることができます。

 

法律で定められた盲導犬

昭和53年(1978年)の道路交通法の改正を機に、

盲導犬に関する実体規定が定められました。

車両の一時停止や徐行の義務により、道路通行上も保護を受けています。

 

盲導犬は「身体障害者補助犬法」に基づいて認定された犬で、

特別な訓練をうけています。

ですから、公共施設や交通機関をはじめ、

飲食店やスーパー、ホテルなど様々な場所に同伴することができます。

 

身体障害者補助犬法とは

身体障害者補助犬法は、お店や病院など不特定多数の人が利用する施設で障害のある人のパートナーである盲導犬、介助犬、聴導犬の同伴受け入れを義務づける法律です。

 

この法律によって、補助犬を同伴する身体障がい者は、補助犬の行動管理・衛生管理をおこなうことと、周囲に補助犬であるということが解る表示の掲示が義務づけられました。

 

また、補助犬育成団体は、良質な補助犬を育成することも義務づけられています。

 

施設側の受け入れ義務を設けるだけではなく、補助犬ユーザーと補助犬育成団体にも責任が求められる法律です。

 

「盲導犬ふれあいイベント」information

◆開催日時:令和元年11月30日(土)

◆開催時間:10:00~15:00

◆開催場所:ニッケパークタウン 1Fセンタープラザ

 加古川市加古川町寺家町173-1

◆参加方法・参加料金:参加無料

 

マップ(ニッケパークタウン)

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward