9:30~18:30
水曜日
2019年06月16日
ブログ「未来の家」

令和元年7月1日から、加古川市役所庁舎や市民センターなど、市の施設の「敷地内」も禁煙になります

望まない受動喫煙の防止を図るため、健康増進法の一部を改正する法律が平成30年7月に成立しました。

 

それに伴い、受動喫煙による健康被害の影響の大きい、こどもや、患者、妊婦に配慮し、多数の方が利用される加古川市役所庁舎や市施設について建物内だけでなく、敷地内についても、令和元年7月1日から禁煙となります。

 

また、学校や医療施設はすでに敷地内禁煙となっていますが、その周辺も禁煙となります。喫煙者の皆様(私も含め)、受動喫煙の防止に、ご協力をよろしくお願いします。

 

ウエルネス都市、加古川の取り組みです!

兵庫県の改正受動喫煙防止条例では、未成年者や妊婦がいる場所での禁煙を義務付けていて、官公庁施設については、建物内と敷地内を禁煙としていますが、敷地に屋外喫煙場所を設置することは可能となっています。

 

しかし、加古川市は「ウェルネス(健康)都市」を宣言していますので、市が率先して取り組むべきとして、原則として敷地内に屋外喫煙場所を残さないことを決めました。

加熱式たばこも喫煙できません。

 

令和元年7月1日から「敷地内禁煙」となる公共施設です

加古川市役所本庁、市民センター、公民館

青少年女性センター、国際交流センター

加古川市民会館、上下水道局、勤労会館、

カーパークつつじ、消防署、環境美化センター

クリーンセンター、リサイクルセンター

いずみプラザ、人権文化センター

総合福祉会館、少年自然の家

地域産業振興センター、しろやま農業研修センター

農村環境改善センターなど

 

令和元年7月1日から「敷地周辺も禁煙」となる公共施設です

保育園、こども園、こども療育センター

幼稚園、学校、夜間急病センター

加古川中央市民病院

令和2年4月1日から「敷地内禁煙」となる公共施設です

図書館、総合文化センター

ウェルネスパーク、海洋文化センター

松風ギャラリー、市民プール

体育館・陸上競技場等の各種スポーツ施設

みとろフルーツパーク、都市公園

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward