9:30~18:30
水曜日
2020年06月23日
ブログ「未来の家」

加古川市の新型コロナウイルス感染症と自然災害との複合災害の対策を知って災害に備えてください!

自然災害時は、災害から命を守るために避難することが必要ですが、避難所で密集が発生すると新型コロナウイルスへの感染も心配しなければなりません。

一人一人が、さまざまな避難方法や感染症対策を知り、安全で安心な避難のための備えをする必要があります。

現時点で加古川市の対策と検討している内容を知って、今一度、災害への備えについての確認をして欲しいと思います。

 

新型コロナウイルス感染リスクを踏まえた避難を

「避難」とは「難」を「避ける」行動のことです。

避難所だけではなくて、在宅避難や避難所以外への避難も選択肢です。

 

ハザードマップで、あなたのご自宅が洪水や土砂災害の恐れが無く、自宅での安全確保が可能な場合は、必ずしも新型コロナウイルスの感染リスクを負ってまで避難所へ行く必要は無いと思います。

また、安全な親戚や知人宅への避難や、ホテルなどを利用することも避難所での3密を避けるうえで有効です。これが「分散避難」です。

新型コロナウイルスへの感染を恐れ、ただ漠然と避難しないという選択をしないよう、自らの災害リスクを再確認し、気象情報や加古川市が発令する避難情報等に注意して、早めに命を守る行動をとることを最優先して欲しいと思います。

◆避難行動判定フロー (PDFファイル)

ハザードマップで自宅や勤務先を確認しましょう

「警戒レベル」の意味を理解しておきましょう

大雨や台風等の接近に伴う「警戒レベル」の意味を理解しておきましょう。

風水害の危険が迫ってきたときに、危険度に応じた「警戒レベル」が各機関から発表されますので、避難を判断する際の目安になります。

◆避難情報ポイント(PDFファイル)

加古川市における避難所の開設対策

加古川市では、避難所での「3密」をさけるため、可能な限りより多くの避難所を開設していきます。

ただし、避難所は、地震や洪水、土砂災害などの災害の種別や規模などの状況に応じて、開設する施設が異なります。

加古川市が避難所を開設した場合は「緊急速報メール」や「防災ネットかこがわ」など様々な伝達手段を用いてくれますので、避難所へ避難される場合は、開設されている施設を必ず確認してください。

また、避難時には、食料や水などの非常持出品とあわせて、マスクや体温計を持参することも忘れないでください。

 

◆洪水災害(初期開設予定避難所)(PDFファイル)

◆土砂災害(初期開設予定避難所)(PDFファイル)

 

◆加古川市ホームページ 自然災害と新型コロナウイルス感染症との複合災害に備えて

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward