9:30~18:30
水曜日
2021年03月12日
地元(加古川市)のお話

泊神社の「棟札」2枚が新しく加古川市指定文化財に指定されました!

令和3年3月11日(木)

加古川市教育委員会の定例教育委員会で、

泊神社の「泊神社棟札」2枚が新しく市指定文化財に指定されました。

これで、加古川市内の「指定・登録文化財」は、

国指定文化財、23件(内、国宝2件)39点、

国登録文化財、9ヵ所、37件

兵庫県指定文化財、33件、55点、

加古川市指定文化財、69件、1,425点、

になりました。

 

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

泊神社棟札(とまりじんじゃむなふだ)

◆名称/泊神社棟札(とまりじんじゃむなふだ)

◆数量/2枚

◆種類/歴史資料

◆材質/木製

◆寸法/各高170cm、肩幅50cm、下幅46cm、板厚2cm

◆時代/江戸時代/承応2(1653)年5月

◆管理者及び所在地/泊神社

 加古川市加古川町木村658番地

◆指定年月日/令和3年3月11日市指定

 

泊神社棟札(とまりじんじゃむなふだ)解説

この2枚の大型の棟札は、承応2(1653)年に豊前国(ぶぜんのくに)小倉(こくら)藩の筆頭家老を務めていた宮本伊織(いおり)が、泊神社の頽廃(たいはい)していた建物を修築した時に納めた現在の本殿である本社と現在の神楽殿である舞堂(まいどう)のものです。

 

それぞれの表面には、上段に「火不能焼、水不能漂」の願文、中段に「本社」あるいは「舞堂」の文字、修築前の建物のこと、修築時に奉納した三十六歌仙扁額のこと、願主として宮本伊織とその舎弟の小原玄昌の名、下段に匠師(大工)らの名が記されています。修築前の建物については、本社が文禄3(1594)年、そして、舞堂が姫路藩主本多忠政の時(1617-1631)のものであったことがわかります。

 

裏面には、宮本伊織による527文字に及ぶ表白(ひょうびゃく)が、それぞれの棟札に同文で記されています。

 

そこには、伊織が泊神社とその末社である米田天神社の氏子である印南郡米堕(よねだ)村(現在の高砂市米田町米田)の田原家出身で、剣豪として知られる宮本武蔵の養子となり宮本姓を名乗り当時の明石藩主小笠原家に仕えたことが詳しく記されていて、その他、泊大明神が17か村の氏神であったことや、米田天神社とともに社殿を修築した経緯など、当時の泊神社のようすが記されています。

 

なお、舞堂の棟札は、本社の棟札と比べ表面の劣化が少なく墨書の書体が少し新しく見えることから、本社の棟札を写して作成された可能性があります。

 

これらの棟札は、戦国時代が終わった近世初頭における泊神社の復興のようすとともに、当地出身の宮本伊織に関係する田原家や宮本武蔵らの戦国末期のようす、そして、伊織の故郷、父母、義父や主君への思いが記されているもので、この地域の社会及び文化の分野における重要な一次資料として学術的価値が高いものです。

 

※加古川市教育委員会ホームページより引用

 

マップ(泊神社)

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

新築一戸建ての仲介手数料が無料になるかのお見積り!

スーモ、ホームズ、アットホームなどのポータルサイトや、不動産会社のホームページで、気になる新築一戸建て(建売分譲住宅)がございましたら、是非ご相談ください!

未来家(みらいえ)不動産なら、その仲介手数料が最大で無料になります!

 

新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」のご利用方法は、気になる新築一戸建てのURLなどを下記のメールフォームで送信するだけです。

仲介手数料が無料になるかをお調べしご連絡いたします。

未来家不動産からは別の物件を紹介するなどしつこい営業は行いませんのでご安心ください。

 

 ◆新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward