9:30~18:30
水曜日
2018年11月26日
ブログ「未来の家」

西条の城山 私の住む街、加古川の紹介です。

加古川市八幡町中西条、そこに、西条の城山(さいじょうのじょやま)はあります。

 

加古川の左岸を上流に向かうと、加古川大堰(かこがわおおぜき)のすぐ南側に、小高い山が見えてきます。西条の城山です。大きな古墳のようにも見えます。

 

城山の周辺に眺望を遮るものは無いので、加古川の対岸からも、緑に覆われた城山(じょやま)を望むことができます。じょうやま、ではなく、じょやまと言います。

 

西条の城山の二つの登山ルート

城山には二つの登山ルートがあります。

 

一つは、城山の南側ら山頂へとまっすぐに伸びた愛宕神社の参道です。入口では、二体のお地蔵さんが迎えてくれます。石段は途中で途切れていますが、所々に残る縁石が参道の面影を残しています。

 

もう一つの登山ルートは、城山の東側より螺旋状に上っていく舗装された道路です。工事車両用に造られたものですが、ハイキングコースとしてよく利用されています。

 

春、ふもと近くでは、満開の桜が登山者の目を楽しませてくれます。山頂手前は南に開け、加古川や新神野団地の街並みや、遠くには水管橋も望めます。

 

西条の城山、頂上に建つ愛宕神社

頂上に建つ愛宕神社(あたごじんじゃ)。火伏の神様、迦具土大神(かぐつちのおおかみ)が祀られています。本殿はコンクリートの建物に守られ左右の側壁には、イノシシに乗ったカラス天狗が描かれています。

 

毎年1月と7月に例祭が行なわれます。神事に臨んだ氏子たちは、地域の防火を願うとともに火の恵みに感謝します。

 

建武3年(1336年)、この城山に、柴鳳山、法雲禅寺(しおうざんほううんでんじ)というお寺が建てられていましたが、近世になって廃寺となったようです。

 

戦国時代には、播磨の守、赤松則村が築いた西条城があったとされています。江戸時代の地史、播磨鑑には、長さ140間、横幅100間、高さ84間の記述があります。

 

西条の城山、頂上からの眺望です。

頂上の周囲は、深い木立に囲まれ、野鳥のさえずりが絶え間ない空間です。

 

東端は、初日の出が拝めるようにと、地元の人たちが木々を伐採しています。

 

眼下には、ミニチュアの模型のような風景が広がります。近くは、ゆったりとした加古川をまたぐ上荘橋と、その先には、JR加古川線の国包鉄橋圃場整備された畑地が美しい直線を描いています。

 

視界を正面に移すと、三木市街地、さらに右方向には、明石海峡大橋に淡路島、神戸西神地区の高層ビルまで見渡すことができます。

 

西条の城山は、鉄道ファンにも、人気スポットです。

また、この場所は、真下を走る電車をカメラ収めようという、鉄道ファンにとっても格好のポイントになっています。

 

JR加古川線、厄神駅付近から城山へと線路がまっすぐに伸びています。線路沿いに立つと、電車が田園地帯から城山に吸い込まれるように見えます。

 

西条の城山は、地元の人々に愛される自然豊かはハイキングコースです。

 

マップ(地図)

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward