9:30~18:30
水曜日
2018年11月23日
ブログ「未来の家」

今日、11月23日の勤労感謝の日は、もともと「新嘗祭(にいなめさい)」でした

今日、11月23日を勤労感謝の日という祝日が制定されたのは昭和23年、つまり戦争が終わってからなのです。

 

もともとは「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」という宮中祭祀で、その年に収穫された新米や新酒を、天地の神々に捧げ、天皇陛下と国民が一体となって、天地自然の神々に感謝し、収穫を喜びあう祭日でした。

 

「新嘗祭」は、宮中祭祀の中で最も古い行事

「新嘗祭」では、天皇陛下が、皇居内にある神嘉殿(しんかでん)という特別な御殿の中に篭もられ、

そこに天照大御神をはじめ、天神地祇(てんじんちぎ)の全ての神々をそこにお招きされ、

初穂お供えして、神々とともにこれをお召し上がりになられるのです。

天神地祇とは、天つ神(天上界の神様)、国つ神(国土土着の神様)のことです。

 

「新嘗祭」は、宮中祭祀の中で最も古い行事と言われ、国民にとっても大変重要な催事なのです。

ちなみに、新嘗祭(にいなめさい)の「嘗(なめ)」という字は「味をみる、食べる、試みる」という意味だそうです。

 

天皇陛下と国民との深いつながり

今日を勤労感謝の日とするまでは、天皇陛下とともに、全ての国民が、その年の豊作を喜び、自然の神々に感謝を捧げていました。

天皇陛下は精神的な支えとなっていて、日本国民との関係性は、現代よりもずっとずっと深くつながっていたのです。

 

歴史的には、仁徳天皇が執り行なったことがはじまりと言われ、

すでに1600年以上の伝統がある「新嘗祭」は、今ではすっかり宮中だけの祭祀になってしまいましたが、

歴史を重んじる人の中には、天皇陛下すら新米を口にされていないのだから「新嘗祭を迎えるまでは、新米は食べない」と守り続けている人もいると聞きます。

 

平成最後の祈り、今日の「新嘗祭」

新嘗祭は、午後6時からの「夕の儀(ゆうのぎ)」と午後11時からの「暁の儀(あかつきのぎ)」が行なわれます。

そして今日が、「平成最後の新嘗祭」です。

 

天皇陛下は、それぞれ2時間ずつ、正座をして祈りを捧げられます。今上天皇の最後の祈りです。

 

同じことが、できるかというと、私には絶対にできません。

 

ただただ、感謝

今日くらいは、今を生かされていること、命の恵を受けられることを、天皇陛下とともに祈り、神々やご先祖様、自然に感謝したいと思っています。

 

そして、誰よりも、私たち国民の繁栄と平和を、日々祈り続けてくださっている天皇陛下へ、敬意をもって感謝したいと思います。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward