9:30~18:30
水曜日
2018年12月22日
ブログ「未来の家」

今日12月22日は、冬至です。ゆず湯に入って、かぼちゃを食べて、運気を上げましょう!

冬至(とうじ)は、北半球で、太陽の位置が1年のうちで最も低くて、日照時間が最も短くなる日です。冬至はいつかというと、12月21日頃ですが、固定されたものではなく、毎年変動しています。今年は、今日12月22日です。

 

冬至の日の日照時間と、太陽の位置が1年で最も高くなる『夏至(げし・6月21日頃)と比べてみると、なんと、北海道の根室では、約6時間半、東京では、約4時間40分もの差があるそうです。

 

一陽来復(いちようらいふく) 冬至の日を境に運が向いてくる!

一年を通して、最も日照時間が短いということは、当り前のことですが、明日から日が長くなっていくということです。

 

そこで、冬至を、太陽が生まれ変わる日として、古くから、世界各地で『冬至の祝祭』が盛大に行われていたそうです。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では、冬至が暦を計算する上での起点となっていたのです。



日本や中国では、冬至は太陽の力が一番弱くなる日であり、この日を境に、再び力が甦ってくることから、『陰』が極まり再び『陽』にかえる日という意味の、一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくると言われています。つまり、みんなの運が上昇に転じる日が、冬至の日なのです!

 

冬至には『ん』の付くものを食べると『運』を呼び込めると言われています!『かぼちゃ(なんきん)』

『ん』の付くものを食べるとことを『運盛り』と言って、縁起を担いだそうです。

 

例えば、にんじん、だいこん、れんこん、いんげん、うどん、などです。縁起担ぎだけではなくて、栄養を付けて寒い冬を乗りくるという先人の知恵でもあります。

 

その中でも、冬至に食べる、『運盛り』の代表的なものは『かぼちゃ』ですね。かぼちゃは別名を『南京(なんきん)』と言い、『ん』の付く食べ物で、陰(北)から陽(南)に向かうという意味もあり、縁起が良いとされています。

 

かぼちゃは、栄養面でも優れていて、ビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪の予防にも効果的と言われていますね。

 

冬至には、ゆず湯に入って、無病息災!

冬至に、ゆず湯に入ると風をひかない、と言われていますが、本来は、運を呼び込む前に、身を清めるという意味があります。昔から、強い香りのもとには、邪気は起こらないと言われていて、寒い冬が旬の『柚子(ゆず)』は、香りも強く、身を清めるのに最適とされていました。

 

寿命が長く、病気に強い、柚子の木に倣って、『ゆず湯に入ることで、無病息災を祈る』習慣になったそうです。

 

実際に、ゆず湯には、血行を促進して冷え性を緩和したり、身体を温めてくれて、風邪を予防する効果もあると言われています。

 

先人たちの知恵にならって!

冬至は、冬の寒さが一段と厳しい時期になります。

 

ゆず湯に入って、かぼちゃを食べることで、身体を清め、そして温めて、栄養を蓄えるという先人たちの知恵。

 

その知恵にならって、季節の節目を大切に過ごすとともに、昔ながらの冬の乗り切り方を実践して、あなたも、私も、元気に、この冬を乗り切って行きましょう。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward