9:30~18:30
水曜日
2018年12月12日
ブログ「未来の家」

神吉の常楽寺、神吉城跡 私の住む街、加古川の紹介です。

加古川市東神吉町神吉、そこに、神吉の常楽寺(かんきのじょうらくじ)はあります。

 

県道、高砂北条線の神吉バス停から東に入ると、路地に民家が建ち並びます。その静かな街並みの一角に、お寺があります。神吉の常楽寺です。

 

加古川市内には、常楽寺と言うお寺は三つありますが、神吉の常楽寺は、戦国時代の神吉城があった所に建立されたお寺です。

 

城の構えをそのまま残した石垣、その高台に『常楽寺』が建てられています。石段を登り、山門をくぐると、正面の息吹の大木が、参拝者を迎えるかのように枝を風になびかせます。

 

常楽寺は、神吉氏の菩提寺です。神吉合戦

奥に進むと、静かな境内が広がります。

 

もともと、神吉の常楽寺は、正慶2年(1333年)、播磨の守護、赤松 則村によって、現在の場所より西方、西神吉町中西に建てられました。赤松氏の没落と共に、寺はその子孫である『神吉氏の菩提寺』になりました。

 

戦国時代、加古川近辺には、加古川城、野口城、神吉城など、三木城の城主『別所 長治』の配下にある出城がありました。

 

加古川城で開かれた軍議で、秀吉と決裂し、織田軍に反旗を翻したのが別所氏です。その別所方についた神吉城主、神吉 頼定は、織田軍に攻められます。それが、天正6年(1578年)の神吉合戦です。

 

性春上人が建てた常楽寺は、国の登録文化財です。

形勢の悪い中、神吉勢は奮闘しましたが、身内の裏切りによって陥落し、神吉城と共に常楽寺も焼きおちてしまいました。

 

その後、打ち取られた城主、神吉 頼定や、共に戦った家臣たちを弔うため、性春上人(しょうしゅんしょうにん)が、神吉城の本丸跡に、常楽寺を建てました。

 

現在の本堂は、元禄5年(1692年)に再建されたもので、本尊の『阿弥陀如来』が祀られています。平成20年、本堂をはじめ、薬師堂、鐘楼、山門が、それぞれ国の登録文化財となりました。

 

神吉頼定の墓と一対の灯籠、宗空地蔵

本堂の左手奥の墓地には、神吉 頼定の墓があります。

 

昭和55年に御廟が改築され、一対の灯籠も建てられました。

 

その左手には、石仏、宗空地蔵(そうくうじぞう)が祀られています。江戸時代、宗空は、我が身を犠牲にして村同士の争いを鎮めました。

 

常楽寺と同じ敷地内に建つ神吉神社

その横には、石棺仏の中でも珍しい、石棺全体に手を加えて造られた石仏が祀られています。

 

常楽寺と同じ敷地内に、神吉神社があり、明治時代の神仏分離令によって、寺と神社が分けられ、今日に至っています。

 

春の花見の頃には、山門前のしだれ桜が、参拝者の目を楽しませてくれます。

 

マップ(地図)

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward