9:30~18:30
水曜日
2019年01月08日
ブログ「未来の家」

雑郷の棚田 私の住む街、加古川の紹介です。

加古川市志方町、そこに、雑郷の棚田(ぞうごうのたなだ)はあります。

 

コスモスの花が咲き乱れ、秋本番を迎えるころ、ここ志方町の雑郷(ぞうごう)の里も、稲穂が頭を垂れ収穫の時期を迎えます。

 

黄金色の絨毯を敷き詰めたような稲穂

黄金色の絨毯を敷き詰めたような稲穂が、風に乗って揺らぎ輝いています。雑郷の山裾の田んぼは、棚田になり、美しい景観を作り出しています。棚田の段差は、大きいところで2メートルもあり、この段差が、この景観を作り出しています。

棚田は、手間がかかる、また、陽当りと水が大事だと、農家の方は言います。

山が近く、日照時間が短いためです。そのため、山裾の木々は、短く伐採されています。

 

稲作りは、苗を作ることから始まります。

稲作りは、苗を作ることから始まります

消毒し水につけておいた籾種を苗箱に撒き

芽が出やすいように覆いをかけます

覆いは、二週間ほどで外し、苗の成長を待ちます

棚田の水は、山からの湧水に頼っています。

水田が高い位置にあるため、水は貴重です。

水路は整備され、傾斜を利用して水田まで導かれます。

 

夏の田植え、稲の生長、小さな花、そして秋の収穫

6月、夏の近さを感じる朝、山からの湧水で満たされた水田に、苗を植えて行きます。面積の小さな田が数多くあるため、手間がかかります。

植えられた苗は、株別れしながら伸びます。夏の陽ざしを浴びて、稲はすくすくと育ちます。

8月、藻が出て、一粒ことに白い小さな花を咲かせます。

そして秋、収穫の時期を迎えます。

 

先人が開拓した棚田、どこか懐かしさを感じる山里、日本の原風景が、ここにあります。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward