9:30~18:30
水曜日
2018年09月13日
ブログ「未来の家」

加古川市の 「ファミリーサポートセンター」 ってご存知ですか?

ファミリーサポートセンターとは、

「子育ての応援をしてほしい人」依頼会員

「子育ての応援ができる人」提供会員が、

お互いの理解と協力のもとに、

地域のなかで育児のボランティア活動を有料で行う会員組織です。

 

育児のボランティア活動、ファミリーサポートセンターって、ご存知ですか?!

気になる、援助活動の内容ですが・・・・

「提供会員」下の●印の活動をとおして「依頼会員」育児サポートをします。

 

「提供会員」がサポートできる援助は、

あくまで、急な子どもへの対応や手不足を補うための臨時的、

または、補助的なお手伝いをするものですので、

長時間におよぶ恒常的な保育(宿泊を含む)は原則として行いません。

 

● 保育所や幼稚園の開始時間前や、終了時間後の子どもの預かり

● 学校の放課後、または放課後児童クラブ終了後の子どもの預かり

● 保育所や幼稚園までの送迎

● 保護者の急用や、病気のときなどの子どもの預かり

● 冠婚葬祭や、他の子どもの学校行事の際の子どもの預かり

● 買い物等、外出の際の子どもの預かり

● 子育てから離れて、リフレッシュしたいときの子どもの預かり

 

それでは、依頼会員になるには・・・

加古川市内に在住、または勤務する人で、おおむね生後6カ月以上の乳児から

小学6年生までのお子さんのいる方ならどなたでも会員になれます。

 

会員登録は、 「依頼会員説明会」 を受講する必要があります。

※受講申し込みは、受講の1週間前までに行ってください。

※時間はいずれも10:00~12:00で、

 一時保育も有りますので、安心して受講できます。

 

平成30年度 依頼会員説明会予定表です。

10月31日(水曜日)  加古川西公民館

11月21日(水曜日)  別府公民館

12月19日(水曜日)  加古川市総合福祉会館

 1月23日(水曜日)  平岡公民館

 2月22日(金曜日)  加古川市総合福祉会館

 3月 8日(金曜日)  加古川市総合福祉会館

 3月 9日(土曜日)  加古川市総合福祉会館

 

次に、提供会員になるには・・・

加古川市内に在住で、小さな子どもの育児や保育に理解と熱意があり、

心身ともに健康な方で、自宅でお子さんを預かれる方なら、

どなたでも「提供会員」になれます。

 

資格等は特に必要ありませんが、

入会に際してセンターで行う講習を受けていただきます。

 

利用料金(活動区分・時間・報酬額)

月曜日から金曜日 午前7時から午後7時まで・・・・700円

(ただし祝日・年末年始を除く)

月曜日から金曜日 午前6時から7時まで、午後7時から10時まで ・・・・800円

(ただし祝日・年末年始を除く)

土曜日・日曜日、祝日 年末年始(12月29日から1月3日)・・・・ 800円

 

※子ども一人あたり1時間の料金です。兄弟姉妹の場合は、2人目以降半額になります。

 

補償保険に自動的に加入します!(サービス提供会員傷害保険・依頼子供傷害保険・賠償責任保険)

活動中の事故や万一の賠償請求に備え、安心して活動が行えるよう、

会員はすべて補償保険に自動的に加入することになります。

会員の負担金はありません。

 

●サービス提供会員傷害保険(事由・補償額・備考)

死亡の場合、保証額は500万円(事故日より180日以内の死亡)

後遺障害の場合、保証額は程度により500万円~20万円

(事故日より180日以内の後遺障害発生)

入院(1日)の場合、2,000円(事故日より180日以内を限度)

通院(1日)の場合、2,000円(事故日より180日以内で90日分を限度)

 

●依頼子供傷害保険(事由・補償額・備考)

死亡の場合、300万円(事故日より180日以内の死亡)

後遺障害の場合、程度により300万~12万円(事故日より180日以内の後遺障害発生)

入院(1日)の場合、 3,000円(事故日より180日以内を限度)

通院(1日)の場合、 2,000円(事故日より180日以内で90日分を限度)

 

●賠償責任保険(事由・補償額(限度額))

対人・対物賠償(1事故につき) 2億円

見舞金・見舞品 10万円

現金盗難 10万円

 

ファミリーサポートセンター利用料を助成します。

ファミリーサポートセンターの援助活動を利用した、ひとり親家庭

(父親、母親、祖父母などの養育者)などに対して、利用料の一部を助成します。

対象は、児童扶養手当の支給を受けている人(全部支給停止者を除く)

 

※平成29年8月の援助活動から申請できます。

助成額 利用額の2分の1(上限額は1カ月当たり6,000円)

申請期間 援助活動を受けた日の翌月1日から1年間

 

申込み:問合せ こども政策課 (電話079-427-9295)

 

※加古川市の「ファミリーサポートセンター」のページはこちらです。

 

各自治体にも、ファミリーサポートセンターの制度が有りますので、

それぞれの市町村のホームページを見てみてください!

 

稲美町  播磨町  高砂市

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward