9:30~18:30
水曜日
2019年09月09日
ブログ

教信寺の野口大念仏会「野口のねんぶったん」は9月13日(金)から15日(日)です

平安時代前期の僧、教信上人(きょうしんしょうにん)

その遺徳を偲ぶ法要が「野口大念仏会(のぐちだいねんぶつえ)」です。

野口大念仏会は、教信上人の命日の9月15日まで3日間(9月13日から15日)にわたり行われ、境内には夜店が並び、13日と14日には播州音頭踊りが奉納されます。

 

秋の念仏会は、「野口のねんぶったん」と親しまれ、教信上人に倣って念仏する法要や念仏踊りが行なわれ、大変な賑わいを見せます。

 

教信上人1154回忌祥月命日、法要・絵解き・講談・塔婆回向・段文音頭奉納のご案内

◆野口大念仏会:令和元年9月13日(金)~15日(日)

 

◆9月13日(金)午前~9月15日(日)正午まで

 秘仏「教信上人頭像」ご開帳

◆9月14日(土)15:00頃~(満堂)20:00頃~(空席有り)

 旭堂南海師の講談「教信上人の念佛と野口左助の後世に残した礎」

◆9月14日(金)16:00頃

「二幅の教信上人一代記絵解き説法」(団体申込は年番・法泉院へ079-422-7189)

・「絵解き」は随時有ります

・DVDビデオ上映「楽劇教信沙彌の生涯」子供向け紙芝居「教信上人」は、子供が集まり次第随時有ります

◆9月13日(金)14日(土)両日

 夕刻より境内で播州音頭「教信沙彌物語」奉舞、他・盆踊り

・音頭歌手「晴香うらら」さん来演

 

※こちらもご覧ください! 教信寺ホームページ

 

教信上人(きょうしんしょうにん)

教信上人は、天応元年(781)奈良に生まれ、興福寺で学んだ後、16歳の時に諸国を行脚し、40年余りの後、賀古の駅(かこのうまや)にたどり着き庵を結びました。

加古川での教信上人の活動は、ひらすらに念仏を唱えながら、街道を行く旅人の手助けをするというもので、東は明石から西は阿弥陀宿(現高砂市阿弥陀町)まで荷物を運んだと言われています。

また、教信寺の南に広がる「駅ケ池(うまがいけ)」も教信が地元の人々と掘った池だと言われています。

 

貞観8年(866年)、自らの最期を悟った教信上人は、妻と子に「遺骸は庵の側に捨てて鳥獣に施して欲しい」と言い残して亡くなりました。

同じ時、摂津国勝尾寺(現大阪府箕面市)の僧「勝如」の夢に教信上人が現れ、自らの死を告げたそうです。これが、現在教信寺伝わる「教信頭部像」だと言われています。

 

教信上人は、「一遍」「親鸞」にも先達として仰がれ、とくに一遍は、諸国を巡るたびの途中、教信寺で一泊して「念仏踊り」を興行し、これが現在の「播州音頭」の起源であると言われています。

 

教信寺(きょうしんじ)

教信寺(きょうしんじ)は、天台宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。

平安時代前期の僧、沙弥教信がこの野口に庵をつくりました。

教信上人が庶民仏教の普及に努めた庵跡に建てたのが「教信寺」です。

 

境内の左手奥に教信上人廟があり、春には、満開の桜が境内を彩ります。

念仏による庶民仏教の普及に努めた教信上人。

その思いは、今日も絶えることなく、5月と9月に行われる「野口念仏大法要」として続いています。

 

※こちらもご覧ください。

教信寺 私の住む街、加古川の紹介です

 

マップ(教信寺)

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward