9:30~18:30
水曜日
2016年12月19日
ブログ「未来の家」

覚悟を定めて「人のために」人を幸せにすることで自分も幸せになれる!

京都の仏教系の大学に在籍していときに、

必須科目の仏教学で学んだのが、お釈迦様の「利他(りた)」 の教えでした。

 

「利他(りた)」とは、

他人に利益となるように図ること。

自分のことよりも他人の幸福を願うこと。

仏教語で、人々に功徳・利益 (りやく) を施して救済することで、

特に、阿弥陀仏の救いの働きを言います。

 

二通りの幸せの考え方! 自分が先か、人が先か

人を幸せにすることで、自分の幸せがある。

自分が幸せになってこそ、人に幸せを与えられる。

この二通りの考え方は、自分が先か、人が先かで大きく違ってきます。

 

たまたま触れた、お釈迦様の「利他(りた)」 の教えは、

まずは、人のためにし、その後に、自分のためにせよ。

人が幸せになることで、自分も幸せになる、と言うものでした。

 

それが、不動産に携わる今の仕事に活かされていると、思うことがあります。

ちなみに「利他」の反対語は「利己」です。

利己主義の「利己」です。

利己主義は、自己の利益を重視し、他者の利益を軽視、無視する考え方のことです。

 

もしかしたら一生を左右するかもしれない不動産の売買

もしかしたら、

お客様にとっては、はじめての不動産の売買。

何から始めたらいいのか、分からないことだらけの不動産の売買

もしかしたら、お客様の一生を左右するかもしれない不動産の売買

 

そんな、不安だらけの不動産の売買で、

安心して頂けるようにと、心掛けるのが、

利他の教え(人のために!)のように感じています。

 

他人事(ひとごと)ではなく自分事(じぶんごと)

これが、私の仕事にたいする考え方、基盤です。

未来家不動産(みらいえふどうさん)として独立し、シャッターを開けてから、今日でちょうど一年です。

 

これを機に、約30年間、不動産のお仕事に携わってきた中で、感じたこと、記憶に残っていること、お伝えしたいことを、少しずつ、お知らせしていきたいと思っています。

 

あなたが、不動産をご売却するとき、購入するとき、少しでも不安を感じることがあれば、「道しるべ」 になるかもしれません。

これからも、お付き合いください。

宜しくお願い致します。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward