9:30~18:30
水曜日
2020年06月06日
ブログ「未来の家」

47年続いた「加古川市公設地方卸売市場」が姿を消します!

開設47年の加古川市公設地方卸売市場が廃止され姿を消します。

唯一の青果卸売業者「丸果加古川青果」さんが昨年9月に事業を停止され、その後、後継の業者さんを探していたそうですが見つからず、地方市場としての県の認定が受けられなくなったからだそうです。

残った水産市場だけでも続けて欲しいと思うのですが、なんだか無理なようです。

 

加古川市公設地方卸売市場の廃止時期は2021年度末?!

加古川市公設地方卸売市場が開設された昭和48年(1973年)当時は、食料品の流通は小売店中心でした。

それが、時代の流れと共に、大型スーパーが増加し、市場を経由しない流通ルートが増えてきて、市場の取引量がだんだんと減り、取扱高も減り、とうとう廃止が決定してしまいました。

そして、加古川市公設地方卸売市場の廃止時期は、

令和3年(2021年)度末になるみたいです・・・・。

 

たくさんのお客さんでにぎわっていたのに・・・・

加古川市公設地方卸売市場は、開設以来、加古川市民の生鮮食料品流通をささえる市場として親しまれてきました。

そう言えば、市場の活性化を目指して、施設を建て替える話もあったのに。

最近では毎週土曜日に市場を開放して「市場開放デー・土曜朝市」や、

東播磨地域の豊かで健康的な食文化の発展をテーマにした「市場まつり」など、

いろんなイベントが開催されていました。

そうそう・・・・、

最近では、ムサシの朝市も賑わいをみせていました・・・・

新鮮な野菜や海産物が購入できる加古川市公設地方卸売市場・・・・

たくさんのお客さんでにぎわっていたのに・・・・。

 

廃止されるまでの期間、

土曜朝市や市場まつりは開催されるのでしょうか????

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward