9:30~18:30
水曜日
2020年11月23日
新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス「陽性者」と「感染者」と「発症者」の違い!マスコミの偏向報道!

マスコミやワイドショーで毎日のように「新型コロナウイルス感染症」について報道されています。過去最高の「感染者数〇〇〇人」と言った報道です。

コロナ禍の現状を表す数字には「新規感染者数」「累計感染者数」「重傷者数」などがありますが、どの数字を信用していいのか分かりません。

まず、感染しているかどうかは、本人にも医者にも分からないのに、PCR検査陽性者数を感染者数として報道していることです。

あえて、信用するとすれば「重傷者数」ですが、これも都道府県で集計の仕方が違うので統一して欲しいと思います。

 

そこで今日は、報道に惑わされないために新型コロナウイルス「陽性者」と「感染者」と「発症者」の違い!について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門店 未来家不動産株式会社 代表 清水浩治

 

感染しているか、発症するか、誰にも分からない!

新型コロナウイルスは飛沫や接触で感染しますが、

ウイルスが体内に入ったとしても、

粘膜や粘液、細胞など、

ウイルスを排除する働きが強ければ、外に出され感染しません。

これが、私たちの体の中にある「自然免疫力」です。

 

では、ウイルスに「感染」しているとは、

どのような状態かと言うと、

生きたウイルスが細胞内に入ってしまうことを言うのですが、

「感染」したとしても、

感染しているかどうか、

症状が「発症」するかどうか、

本人にも医者にも分からないそうです。

 

なぜなら、ウイルスが細胞内に入ったとしても、

白血球など細胞の自浄作用でウイルスが増殖しない場合や、

感染細胞が少ない場合などは症状としては出てこないからです。

 

PCR検査での陽性とは?

PCR検査で分かることは

新型コロナウイルスが「居た」「居なかった」で、

結果が「陽性」の場合は、

新型コロナウイルスが「今居る」あるいは「今までに居た」と言う意味です。

 

PCR検査は、ウイルスの遺伝子を

数百万から数億倍に増幅してから調べるので、

体内に1個から数個のウイルスしかいない場合でも

「陽性」になる場合があるそうです。

 

たとえば、体内のウイルス遺伝子が生きておらず

断片だけが残っている場合は他人に移すことはありませんが、

ウイルスが生きていても、

その数が少なければ人に感染することもないそうです。

通常、ウイルスが感染するためには、

数百から数万以上のウイルスの量が必要になります。

 

「感染」とは?

ウイルスは、口や鼻から体内に入いると大体喉の粘膜にまず取り付きます。

そうすると細胞の免疫物質がでてきてウイルスと戦います。

これが喉における戦いです。

 

喉での戦いで人体の防御系が敗れると気管を通って肺に入っていきます。

これが、「感染」した、と言う状態です。

ただ、「感染」した状態で、すぐに発症するわけではありません。

これが「潜伏期間」と言われるものです。

潜伏期間中は「感染したかどうかは」本人にも分からないのです。

 

中には、感染して直ちに増殖を始めるウイルスもいれば、

感染してから少し期間をおいて増殖を始めるウイルスもいます。

これは、ウイルスによって潜伏期間が違うと言われる理由です。

 

もちろん人によって違いはありますが、

新型コロナウイルスの潜伏期間は平均して5.8日~1週間弱と考えられて、

最長で12日位だと言われています。

 

「抗体」とは?

肺の中にウイルスが入ると、いよいよ人間との本格的な戦いが開始されます。

免疫細胞は体温が高くないと十分に活動ができないので、

人は自分の皮下脂肪などを燃やして体温を38度位まで上げます。

 

体温が高くなると人の白血球やリンパ球などの

ウイルスを食べる細胞や、切り捨てる細胞、

分解する細胞など防御系が働きウイルスと戦いを始めます。

 

次に、記録班が出てきてウイルスの型を記録します。

この記録が非常に重要で、

その型に合わせてウイルスを被せるように包んでしまうのです。

そうするとウイルスは身動きができなくなり増殖ができなくなります。

これが「抗体」と言われるものです。

 

たとえば、インフルエンザだと

約20年から50年くらい体内に抗体の記録が残っていて、

またウイルスが体内に入ってきても

記録している型と照らし合せてウイルスを封じ込めます。

これが「免疫」と言われるものです。

 

「発症」とは?

感染して熱が高くなると言うことは、

ウイルスと戦いながら、その型を記録していることになるのですが、

逆に弱い感染だと熱も出ないし、

ウイルスの型の記録も残らないことになります。

 

また、感染した人の半分くらいは症状も出ないし、

感染して症状が出た人の9割位は軽症で回復してしまいます。

 

症状が出た1割位の人は免疫では抑えきれず、

ウイルスが体内で暴走し炎症を起こし、そこに細菌が繁殖することで

最終的には本格的な肺炎になり、最悪死亡することになるのです。

これが「発症」と言う状態です。

 

「感染」「発症」「受診」「肺炎」の4段階

新型コロナウイルスに感染して肺炎になるまでの段階は

1.「感染した状態」

2.「発症した状態」

3.「病院を受診した状態」

4.「肺炎まで進んだ状態」の4段階になるでしょう。

 

1.感染したという状態は、本人にも医者にも分かりません。

2.発症したという状態は、たとえば

熱が出たとか咳が出たとか鼻水がでたという状態で本人には分かります。

発症した状態が思わしくなければ病院に行きます。

これが、3.「受診」です。

受診して医師が、

「これはインフルエンザです」「これは新型コロナウイルスです」

と診断すると「患者数」が分かります。

 

「陽性者数」「患者数」「重症者数」での報道を!

「感染者が増えている」とか

「感染が拡大している」とか、

「過去最高の感染者数」とか、毎日のように報道されていますが、

感染しているかどうか本人にも分からないような数字を発表しているマスコミは、

何を考えているのでしょうか?

何をしようとしているのでしょうか?

日本の経済を疲弊させようとしている、としか見えないのは私だけでしょうか!



以前のブログでも書きましたが、

「感染者」として報道されているのはPCR検査での「陽性者数」です。

PCR検査数が増えれば陽性者数が増えるのは当たり前だと思うのですが、

陽性者数が分かっても、感染者数は誰にも分からないので、

今後は「陽性者数」と「患者数」と「重症者数」で報道して欲しいと思います。

そうすることで、「Withコロナ」付き合い方も変わってくるのでは、と思います。

 

余談ですが、お医者さん曰く、患者数が分かれば推定の感染者数は分かるそうです。

インフルエンザを例にあげると、患者数の2倍から3倍が感染者数になるという統計があるそうです。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

未来家(みらいえ)不動産の「コンテンツ」

新築一戸建ての仲介手数料が無料になるかのお見積り!

スーモホームズアットホームなどのポータルサイトや、不動産会社のホームページで、気になる新築一戸建て(建売分譲住宅)がございましたら、是非ご相談ください!

未来家(みらいえ)不動産なら、その仲介手数料が最大で無料になります!

 

新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」のご利用方法は、気になる新築一戸建てのURLなどを下記のメールフォームで送信するだけです。

仲介手数料が無料になるかをお調べしご連絡いたします。

未来家不動産からは別の物件を紹介するなどしつこい営業は行いませんのでご安心ください。

 

 ◆新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward