9:30~18:30
水曜日
2021年01月11日
地元(加古川市)のお話

加古川図書館が加古川駅前の「カピル21」6階に移転、令和3年秋にリニューアルオープン!

加古川市加古川町木村に建つ加古川市立「加古川図書館」

兵庫県の景観形成重要建造物に指定されている建物ですが、

老朽化のためJR加古川駅前の

ヤマトヤシキ加古川店が入る「カピル21」の6階に移転し、

今年の秋(10月)にリニュアルオープンすることになりました。

 

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

加古川市立「加古川図書館」

加古川市立「加古川図書館」は、

建築家「置塩 章(おしおあきら)」さんの設計で、昭和10年(1935年)に、当時の加古川町公会堂として建設されました。

正面の扇形の窓は、アールデコ調の幾何学模様のステンドグラスで飾られ、昭和モダンの雰囲気を残す、鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積は1,220平方メートルの建物です。

昭和49年(1974年)から図書館として利用され、年間で延べ約10万の人が図書を借りに来ていました。

加古川市に本籍のあった作家の「三島 由紀夫」が、徴兵検査を受けた場所としても知られています。

 

紀伊国屋書店、子育てプラザ、将棋プラザとも連携

カピル21は、

ヤマトヤシキ加古川店が入っているビルで、

6階は「紀伊国屋書店」と同じフロアです。

このビルへの移転は、

JR山陽本線「加古川駅」周辺の「にぎわい創出」と

「利用される人の利便性向上」を目的にしています。

また、高校生から要望が多い

「学習・ワークスペース」を設置し

同じフロアにある「紀伊國屋書店」や

7階の「子育てプラザ」「将棋プラザ」とも

連携し、さまざまな世代が行き交う空間にしていくそうです。

 

現在の加古川図書館の今後は?

加古川市加古川町木村に在る現在の「加古川図書館」の建物はどうなるのでしょう?

建物は、兵庫県の景観形成重要建造物に指定されていて歴史的にも価値があり、保存を求める声もありますが、

当面は書庫として利用することになりそうです。

 

もちろん、図書館としての機能はなくなりますので、

加古川図書館の中に入れるのも

図書館として開いている今の間だけになってしまいそうですね。

 

また、今のところ、耐震改修をする予定は無く、

保存するのか、解体撤去するのかは決まっていないようです。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

みらいえふどうさんの「コンテンツ」

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward