9:30~18:30
水曜日
2018年10月24日
ブログ「未来の家」

松風ギャラリー 私の住む街、加古川の紹介です。

加古川市加古川町良野、そこに、松風ギャラリーはあります。

 

加古川市役所から南へ200メートル行くと、

曲線を描く外観が、目を引く白い建物があります。

 

加古川市立『松風ギャラリー』です。

 

松風ギャラリーは、ハリマ化成株式会社の創業者『長谷川 末吉 氏』より

加古川市が寄贈を受け多目的施設として、平成6年にオープンしました。

 

光と風と輪を表現した黄色いモニュメント

松風ギャラリーは、鉄筋コンクリート造り、

地下1階地上2階建ての都会的な洗練された建物です。

 

屋上には加古川市出身の造形作家、中川 猛 氏(なかがわたけし)が制作した、

黄色いモニュメントが置かれています。

これは、光と風と輪を表現し建物の全体のアクセントになっています。

 

1階ロビーの、左手に展示室Ⅰ 右手に展示室Ⅱ

入口を入るとロビーがあり、左手に『展示室Ⅰ』があります。

壁面は白を基調に統一され明るい展示室になっています。

絵画、写真、書道、工芸、盆栽など様々な分野の

個展やグループ展が開かれています。

 

ロビー右には『展示室Ⅱ』があります。

ここは、外階段の下にあたり、

奥に広がる空間を利用した展示室になっています。

天井が高く優しい照明が、作品を素敵に演出します。

 

淡い木調の色合いで統一された、2階『多目的ホール』

2階の広間ホワイエから中に入ると、多目的ホールになっています。

1階とは対照的に、

淡い木調の色合いで統一され落ち着いた雰囲気を持つホールです。

 

このホールは最大100名まで収容できます。

観客席が固定されていないので、

人数や催しに応じて多彩な演出ができるようになっています。

音楽をはじめ、舞踊などの発表会に利用されています。

 

深い艶のあるブラウン色をしたグランドピアノ『ベーゼンドルファー』

また、このホールには深い艶のあるブラウン色をしたグランドピアノ、

加古川市内で唯一の『ベーゼンドルファー』が設置されています。

 

このピアノは世界三大ピアノの一つで、

ウインナートーンと呼ばれる、

しっとりと心に問いかけてくるような音色が特徴です。

 

このピアノには『黒い白鍵(はっけん)』があります。

これは、音に広がりを持たせるように追加されて、エクステンドの鍵です。

通常の曲の演奏中に誤って叩かないように、黒く塗られています。

 

松風ギャラリーは、個展やグループ展、ライブやコンサートに

最適は鑑賞の場を提供し、気軽に芸術文化と触れ合える施設として

加古川市の文化の発展を担っています。

 

マップ(地図)

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward