9:30~18:30
水曜日
2018年09月17日
ブログ「未来の家」

敬老の日 おじいちゃんって老人なの? 孫からの質問でした!

祝日法では、『敬老の日』を

『多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う』日

としていますが、その詳しい由来については意外と知らないものです。

 

敬老の日の由来についての豆知識 何歳からお祝いする? ちょっと調べてみました!

『敬老の日』のルーツは、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)が、

敬老会を催した『としよりの日』だそうです。

 

その主旨は、

『老人を大切にして、お年寄りの智慧(ちえ)を借りて村づくりをしていこう!』

ということで、農作業が一段落した気候の良い『9月15日』

『としよりの日』として敬老会などを催したそうです。

 

そして、この 『としよりの日』 が、

兵庫県全域に、そして全国へと広がっていったそうです。

 

その後、『としより』 という言葉はあまり良くないとの思いで、

『老人の日』 と改めました。

 

全国に広がっていった 『老人の日』 は、1965年に9月15日

『多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う』日とする

国民の祝日として『敬老の日』が制定されたということです。

 

なぜ、『9月15日』なのでしょうか?

調べてみると、そのルーツは古くて、聖徳太子の時代までさかのぼります。

593年に聖徳太子が身寄りのない老人のために『悲田院(ひでんいん)』、

現在でいう老人ホームのような施設を造った日が、

『9月15日』だったという説が有力です。

 

『敬老の日』 は9月15日から 『9月の第3月曜日』 へ

2001年に『祝日法改正』が行われ、

いわゆるハッピーマンデー制度の実施にともない

2003年以降は、『9月の第3月曜日』『敬老の日』に制定しました。

そして、9月15日を『老人の日』

その日から一週間を『老人週間』として定められています。

 

敬老の日に『何歳からお祝いする』というルールはありません!

祝日法では敬老の日を

『多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う』 日としていますが、

特に、対象年齢などを定めているわけではありません。

 

何歳からお祝いするかはそれぞれの気持ちになります。

 

強いていえば、

老人福祉法では 『老人は65歳以』

世界保健機関(WHO)では『高齢者は65歳以上』としていますので、

 

一般的には、『65歳以上』がひとつの目安になるかもしれませんね。

 

『孫から』からのお祝であれば年齢はさほど気にしなくても!

敬老の日を祝うことで、年寄り扱いされたと受け取られてしまうのは、

祝う側としても本意ではありません。

 

ただ、お孫さんが、お爺さま、お婆さまをお祝いするのであれば、

年齢よりも孫との間柄が重視され、

『年寄り扱いと嫌がられるかも』といった心配はなくなるのでは。



ご両親をお祝いしたい場合でも、

『お祝いする側のお名前をお孫さん』にしておくと、

より喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward