9:30~18:30
水曜日
2021年05月16日
今日は何の日?

統計開始以来もっとも早い近畿地方の梅雨入りです!令和3年5月16日

今日、令和3年5月16日(日)は、

日本海に梅雨前線がぐぅーんと延びていて、

近畿地方は雨の降っている所が多いようです。

そして、気象庁は「近畿地方は梅雨入りしたと見られます」と発表しました。

今日の近畿地方の梅雨入りは統計開始以来もっとも早いそうです。

 

そこで今日は、「統計開始以来もっとも早い近畿地方の梅雨入りです!令和3年5月16日」について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

近畿地方の過去の梅雨入りで早かった年

気象庁が観測を始めた1951年以降で

近畿地方の梅雨入りでもっとも早かったのは

昭和31年(1956年)と

平成23年(2011年)の5月22日頃で、

令和3年(2021年)の今年は

6日も更新したことになり、

平年の「6月6日」頃でみると21日も早い梅雨入りです。

 

ちなみに、梅雨明けは

昭和31年(1956年)が7月12日頃、

平成23年(2011年)が7月8日頃で

平年の「7月21日」頃よりも早かったそうです。

ちなみに、もっとも早い梅雨明けは

昭和53年(1978年)の7月3日頃で、

平年は「7月19日」頃です。

 

梅雨入り、梅雨明けの「平年」とは?

梅雨は季節現象ですので、

梅雨入り、梅雨明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。

掲載されてい日付は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

 

「平年」とは、令和2年(2020年)までの過去30年の平均の日付のことです。

ただし、梅雨入り、梅雨明けを特定しなかった年は除外されています。

 

そして後日、実際の天候経過を考慮し

検討した結果、発表していた日付が変更になる場合があるそうです。

 

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

新築一戸建ての仲介手数料が無料になるかのお見積り!

スーモ、ホームズ、アットホームなどのポータルサイトや、不動産会社のホームページで、気になる新築一戸建て(建売分譲住宅)がございましたら、是非ご相談ください!

未来家(みらいえ)不動産なら、その仲介手数料が最大で無料になります!

 

新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」のご利用方法は、気になる新築一戸建てのURLなどを下記のメールフォームで送信するだけです。

仲介手数料が無料になるかをお調べしご連絡いたします。

未来家不動産からは別の物件を紹介するなどしつこい営業は行いませんのでご安心ください。

 

 ◆新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward