9:30~18:30
水曜日
2019年01月14日
ブログ「未来の家」

平成最後の成人の日 将来を担う人たちへ、『おめどとうございます!』

平成31年(2019年)の成人式に出席するのは、平成10年(1998年)4月2日~平成11年(1999年)4月1日生まれの人が対象です。

 

今日は、全国的に朝から良い天気になりそうですね!

新成人になられた方へ、そして、将来を担う人たちへ

『平成最後の成人の日、おめでとうございます!』


今年の新成人の方が産声を上げた20年前と言えば、

平成10年4月:明石海峡大橋開通、7月:和歌山毒物カレー事件発生、8月:第80回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)で、横浜高校の『松坂大輔投手』が、59年ぶり史上2人目となる、決勝戦でのノーヒットノーランを達成し、横浜高校を、史上5校目の春夏連覇に導きました。

平成11年1月15日:ハッピーマンデー制度が導入され、1月15日の成人の日が、この日で最後となりました。

 

音楽では、平成10年4月:浜崎あゆみ、シングル『Poker face』でメジャーデビュー、6月:ゆずが、シングル『夏色』でメジャーデビュー、12月:宇多田ヒカルが、シングル『Automatic / time will tell』でメジャーデビュー。

新語・流行語大賞の大賞は、ハマの大魔神(佐々木主浩)、「だっちゅーの」(パイレーツ)・・・・新成人の人たちは、どれも知らないですよね

 

私も成人式の時には、色々なことを考えていたような気がします

久々に会う友人の成長や変化を見ながら、20歳・・・年齢という区分で『成人』として大人になる自分自身と、果たして、年齢相応に、内面も大人になれているのかという不安。

いろんなことを考えながらも、答えを出せないまま時間だけは過ぎていき、社会に出て、何かをしても、しなくても、時が経てば、勝手に新たな年を迎えるという現実を知ると、時間を無駄にせず『今しかできないこと』『今、自分にできることは何なのか』、改めて考えていたような気がします。

 

将来を担う新成人の人たちに、大いに期待しています

ちょっと、青春ドラマのような言い回しになってしまいましたが、そんな青春真っ只中!悩んでも悩まなくても未来は向こうからやってきます。

成人の日を迎えた皆様には、是非、『若い時に過ごす時間』を満喫していただきたいと思います。



そのなかでも、大半の人は、

『親御様への育ててくれたことへの感謝』と『人のためになることをしていきたい』と、志を大きく抱いていることを知ると、明るい気持ちになります。

これからの将来を担う人たちに、大いに期待します。『地域のために』『日本のために』『世界のために』『家族のために』『人のために』

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward