9:30~18:30
水曜日
2019年02月14日
ブログ「未来の家」

2月14日 今日は「バレンタインデー」! 子どもから大人まで男性は、ソワソワしてしまう日です

2月14日 今日は「バレンタインデー」ですね!

 

子どもから大人まで男性は、朝からソワソワしてしまう日です。何日か前から、手作りで本命のチョコレートを準備した女性も、ドキドキしているのではないでしょうか!?

 

今日は、チョコレートはもらえそうもない「おじ様」が、バレンタインデーの由来などについて書いてみます。

 

バレンタインデーの由来は、調べてみると、かなり歴史を遡ります。処刑された「バレンチヌス(バレンタイン)司教」

3世紀の頃、ローマでは、法律で兵士たちが結婚することが禁止されていました。

 

結婚できない兵士たちを不憫に思った「バレンチヌス(バレンタイン)司教」は、人間性に反するとして抵抗し、ローマ皇帝に反対してまで、兵士たちを結婚させました。

 

やげて、これが皇帝、クラウディウス二世の知るところとなり、「バレンチヌス(バレンタイン)司教」は、西暦269年の2月14日に処刑されてしまいました。

 

当時は、戦争に出たがる若者がいないため、結婚を禁止したそうですが、処刑までしてしまうとは、皇帝が絶対的存在だったことが、良くわかる出来事です。

 

「愛の守護聖人」として敬愛された「バレンチヌス(バレンタイン)司教」

後に、「バレンチヌス(バレンタイン)司教」は、「愛の守護聖人」として敬愛され、司教のおかげで結ばれたカップルが、司教の命日である『2月14日』を『愛の日』として感謝を捧げたのが「バレンタインデー」の起源といわれています。

 

悲しみにくれたローマの人たちは、「バレンチヌス(バレンタイン)司教」の死を悼んで、2月14日を「聖バレンタインデー」と定め、キリスト教の行事に加え、恋人たちの愛の誓いの日となりました。

 

ヨーロッパでは、この日を「愛の日」として、花束やケーキ、カード等を、恋人や友達、家族に贈る風習があるそうです。

 

日本のバレンタインデーの由来、国民的行事!

日本で「女性から男性にチョコレートを贈る」という現在のバレンタインデーの形が定着したのは、戦後のことです。

 

この風習は日本独自のもので、昭和33年(1958年)に、メリーチョコレートカムパニーという会社が行ったチョコレートセールが始まりです。1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったそうですが、新聞や雑誌、マスコミ効果もあり、一気に日本の文化として定着していきました。

 

職場で女子社員が、上司や同僚に贈る「義理チョコ」、友達に送る「友チョコ」、男性から女性に贈る「逆チョコ」、自分への「ご褒美チョコ」など、いろんなスタイルのバレンタインデーが広まっています。

 

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1が、この日に消費されると言われるほど、国民的行事になりました。

 

ちょっとだけ、まとめてみました

バレンタインデーの起源ともされる「バレンチヌス司教」

 

自分の命を犠牲にしてまで、神の愛を伝え、実践した彼を想いながら、「愛の日」として、恋人同士だけでなく、家族や友人など、いろんな愛を伝え合うのもいいかもしれませんね。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward