9:30~18:30
水曜日
2019年03月03日
ブログ「未来の家」

今日、3月3日は、ひな祭りですね! もともとは、女の子の節句ではなかったってご存知でした

現在では、女の子の誕生と健やかな成長を願う『ひな祭り』ですが、正式には『上巳の節句(じょうしのせっく)』と言って、もともとは、老若男女を問わず、厄払いの行事で、女の子の節句ではなかったのです。

 

上巳の節句は、江戸時代のころに定められた式日(祝日)で、五節句の一つです。

1月7日を人日(じんじつ)の節句、
3月3日を上巳(じょうし)の節句
5月5日を端午(たんご)の節句、
7月7日を七夕(たなばた)の節句、そして
9月9日を重陽(ちょうよう)の節句と言います。

節句には五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈り、邪気払いをしていました。

 

上巳節が、上巳の節会に、そして曲水の宴の人形が、流し雛へ

古代中国では、上巳を忌むべき日として、川辺で厄祓い(やくばらい)や禊(みそぎ)を行う日とした『上巳節(じょうしせつ)』という行事がありました。

 

それが遣唐使によって日本に伝わり、最初は、天皇のために厄祓いをしていましたが、平安時代には、『上巳の節会(じょうしのせつえ)』と呼ばれる宴会が行なわれるようになったそうです。

 

水の流れのある場所で盃を流し、それが自分の前を通り過ぎるまでに歌を詠んだり、お酒を飲む『曲水の宴(きょくすいのうたげ)』を行ったり、人形(ひとがた)で自分の身体を撫でて、穢れや、自分に降りかかる災いを移し、川や海へ流したそうです。

 

その名残が、今も一部地域で行われている『流し雛(ながしびな)』です。

 

上巳の節句が『桃の節句』といわれるのは、旧暦の3月3日、現在の4月ごろは、桃の花が咲くころだったからで、日本でもは厄除けの木と考えられていたそうです。

 

ひな祭りの由来について、調べてみました

上巳の節会が宮中で行われた平安時代、貴族階級の子どもたちの間で『ひいな遊び』現在で言う『おままごと』が流行っていました。

 

『ひいな』とは『小さくてかわいいもの』と言う意味があり、ひいな遊びで使われていた人形(ひとがた)は、人の代わりに厄を受けてくれるとされていて、厄祓いの流し雛として川や海に流されるようになりました。これが『ひな人形』の由来だと言われています。

 

行事としての上巳の節会と、ひいな遊びのひな人形が、長い年月で結びつき、現在のひな祭りとなったようです。

 

江戸時代初期には、京都御所でひな祭りが催され、その後、幕府の大奥でも、ひな祭りを行うようになり、江戸時代中期には、女の赤ちゃんが誕生したことを祝う初節句の風習が生まれ、ひな祭りは、ますます盛んになりました。

 

そのころには、技術も発達して、精巧な雛人形が作られるようになり川へ流す風習から、家に飾る文化となったそうです。

 

もともと、無病息災を願う厄祓いの節句でしたが、女の子の誕生や健やかな成長を願うお祭りへと変化していったのですね。

 

雛人形の飾る時期、しまう時期、決まりは無いけど、目安はあります

ひな祭り、桃の節句といえば、3月3日にお飾りする雛人形ですが、いつから飾るのが適正なのか、そして、いつまで飾るのがよいのか、古くから続く伝統行事だからこそ不安に思ったりもしますよね。

 

結論から言いますと、いつからいつまでといった期間に、決まりごとや正解はないようです。 とは言え、縁起を考えた目安はありますので、雛人形の飾る時期、しまう時期について書いてみます。

 

雛人形は、いつごろから飾るのが良いですか?

雛人形を飾るのに良いとされている日は、二十四節気の『雨水(うすい)』の日です。ちなみに平成31年(2019年)の雨水は、2月19日です。

 

雨水は、雪解けの水が川に流れ始める季節で、水は命の源である『母』と考えられていて、水の神様は、子宝や安産の神様として崇められていて『良縁に恵まれる』と言われているからです。

 

雛人形は、いつごろ片付けるのが良いですか?

雛人形を片付けるのに良いとされている日は、二十四節気の『啓蟄(けいちつ)』の日です。ちなみに、平成31年(2019年)の啓蟄は、3月5日です。

 

 『啓』には、閉じたものを開ける・開く、という意味があり、『蟄』には、土の中で冬ごもりしている虫、の意味があります。この2つの漢字から『冬ごもりしていた虫たちが、土を開いて出てくる』『土の中から虫たちが出てくる、春が始まる時期・季節』ということになります。

 

雛人形を早く片付けないと、婚期が遅れるのですか?

3月3日の雛祭りが終った後、『人形を早く片付けないと婚期が遅れる』という言い伝えは有名ですが、これはただの迷信だそうです。ただ、そう言われることには諸説ありますので、ちょっと書いてみたいと思います。

 

①雛人形はその家の娘の厄を吸い取ってくれるので、人形を出したままにしておくと厄が戻ってしまい、お嫁に行けなくなる

②娘が、嫁に行ったことを『片付いた』と言うことから、人形を早く片付けることで娘も早く片付く、嫁に行ける

③いつまでも、ダラダラと片付けられない人は、嫁のもらい手がない・・・など

 

厄を吸い取ってくれた雛人形を疫病神みたいに、早く片付けろは、罰当たりのような気もしますが、縁起を担ぐなら、今年は3月6日に、雛人形を片付けた方が良いということになりますね。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward