9:30~18:30
水曜日
2019年04月12日
ブログ

あなたは不動産会社を自由に選ぶことができるのです! Part1 不動産会社は「REINS」でほぼ全ての物件を共有しています!

不動産業界の構造をしっかりと理解することで、不動産会社に対する敷居は、ぐっと下がると思います!

 

実は、大手や中堅の不動産会社、そして街の不動産屋さんでも、また、東京の不動産会社でも関西の不動産会社でも、「REINS(レインズ)」というデータシステムで、ほとんどの会社が、ほぼ全ての物件情報を共有しています。

つまり、対応の悪い不動産会社に当たってしまっても、別の不動産会社へ行けば、その情報を紹介してもらえるのです。あなたは、どこの不動産会社に行っても、同じ物件にたどり着くことができるのです。

 

不動産流通業界のデータベース「REINS」は、ほぼすべての物件を網羅しています

REINS(レインズ)の正式名称「Real Estate Information Network System」、和訳すると「不動産流通標準情報システム」で、その頭文字をとって「REINS」と呼んでいます。

これは国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」である全国4つの公益法人「東日本・中部圏・近畿圏・西日本の不動産流通機構が運営する、不動産情報共有のためのオンラインシステムで、加盟した不動産会社が使えるシステムです。

 

ほぼ100%の不動産会社が加盟していて、売却物件をこのREINSに登録するので、どの不動産会社も同じ物件を共有しています。

 

SUUMOやアットホームよりも圧倒的な物件掲載数!

つまり、REINSとは不動産流通業界専用の物件データベースなのです。

一般のお客様は、SUUMOやアットホームなどの大手ポータルサイトを利用されますが、REINSは、その不動産会社版になるのです。また、不動産会社専用というだけあって、その物件登録数は膨大です。

 

あなたが利用する、大手ポータルサイトの登録数をはるかに上回ります。というよりも、REINSに登録されている物件を不動産会社が閲覧し、お客様向けに大手ポータルサイトに広告しているのです。

 

一つの物件に対して複数の不動産会社が広告しています。対応の悪い業者は選ばない!

一つの物件を複数の不動産会社がポータルサイトに広告していますが、ほとんどの物件がレインズにも登録されています。

つまり、不動産物件情報がレインズに集約されていれ、どの不動産会社に行っても、その物件を取り扱うことができるのです。ただし、非公開物件も存在し、100%全ての物件が取り扱われるわけではないことをお伝えしておきます。

 

さらに言えば、加古川市内にある不動産会社だからといって、加古川市内の物件しか扱えな、と言うわけではなく、神戸市内でも姫路市内でも、どの地域の物件でも扱えるのです。

それならば、対応がよく、親切で先読みをしてくれる不動産会社に行きたいですよね。言い換えると、対応の悪い不動産会社には、もう足を運ばなくても、なにも心配はないのです。

 

※次回は、お客様が実践された『不動産会社の選び方』について書きたいと思います!

 

◆あなたは不動産会社を自由に選ぶことができるのです! Part2 お客様が実践した不動産会社の選び方!は・・・・こちら

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward