9:30~18:30
水曜日
2019年04月30日
ブログ

平成が今日で終わり、明日から「令和」が始まります! 平成を振り返ってみました

今日で、「平成」の時代が終わり、明日から「令和」が始まります!

 

『平成』には、『内外、天地とも平和が達成される』という思いが込められていました。そして、もうひとつ、『激動の時代を越え、改めて平和の実現を目指すという意味も含まれていました。

 

この思いが込められていた『平成』という30年を、振り返ってみました。

 

平和の実現を目指した「平成」が終わり、そして明日から「令和」が始まります!

平成という時代を振り返ってみると、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など、大きな自然災害が発生し、尊い命が奪われました。

 

地下鉄サリン事件、JR宝塚線の脱線事故など、痛ましい事件事故は、奪われるはずのなかった命が奪われました。

また、経済では、消費税導入や、バブル崩壊後に銀行の破綻、証券会社の自主廃業などもあり、激動の時代だったのかもしれませんね。

世界に目を向けてみると、イラク戦争や湾岸戦争、ベルリンの壁の崩壊も記憶に残っています。

それでも、平成は、明治、大正、昭和で尊い命を失った戦争がない時代として終わろうとしています。

 

そして、明日からは、『令和』の時代が始まります!

もし、大きな自然災害や、痛ましい事件、事故などを激動の時代だとするなら、次は、そのようなことで尊い命が奪われることのない平和な時代になればと、祈ります

 

30年の平成に「ありがとう」、そして「さよなら」

あらためてこうして振り返ってみると、本当に歴史が動いた瞬間や、衝撃的な事件事故次々に起こる大災害など、つくづく「激動の時代」だったと思わずにはいられません。

 

しかし、悪い出来事ばかりではなく、皇太子様や秋篠宮様のご結婚東西ドイツの統一など明るい話題もありました。

 

もうすぐ終わってしまう平成。常に、国民に寄り添っていただいき、常に、国民の平和と安寧を祈っていただいた天皇陛下に感謝いたします。

次の「令和」の時代は、良いことがたくさんあることを祈りながら、平成にさよならを告げたいと思います。30年間、有難うございます。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward