9:30~18:30
水曜日
2021年01月03日
今日は何の日?

初詣の由来、初詣はいつまでに参拝すればいいのでしょうか?

初詣の「詣」は「社寺をお参りする、参拝する」という意味ですので、初詣の定義は、「年が明けてから初めての神社やお寺へのお参りする」ことになります。

新年になって初めて神社やお寺に参拝する「初詣」は、日本人にとって当たり前の風習になっていますが、実は時代とともに大きく変化してきた文化で、今の形が定着してからの歴史は、まだまだ浅いのです。

 

ただ、今年はコロナ禍で「密」を避けるために分散参拝が呼びかけられています。

そこで今日は、「初詣の由来と初詣はいつまでに参拝すればいいのでしょう?」について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

初詣の目的

初詣の目的は、旧年の感謝を捧げるとともに、新年が良い年になるようにと社寺の神様に願掛けを行うためです。

初詣へ行くと、神様に感謝を捧げ、絵馬に願いを書き、お守りを購入して願い事を伝えます。また、家庭での正月行事では、正月飾りを飾ったりお雑煮を食べたりしますが、初詣と同様に神様への感謝を捧げて新年の願掛けをするためのものです。

 

家で行う正月行事と初詣との大きな違いは「宿る神様」です。

家の正月飾りに宿るとされる神様は「歳神様(としがみさま)」であるのに対して、社寺の神様は「氏神様(うじがみさま)になります。

 

「歳神様」は、正月にそれぞれの家に毎年やってくる神様で、先祖の霊とみなされることもあります。「氏神様」は、同じ地域に住む人々によって共同で祀られる神様です。

ですので、両者は異なる神様になるので、それぞれ違った意味合いがあるとされているのです。

 

現在の初詣と、もともとの初詣(元日詣)

現在の初詣の形は地域によって多少の違いはありますが、ほとんどの場合「正月に有名な神社やお寺へ参拝する」というものになっています。

この初詣が、今の日本文化として定着していますが、この形になるまでには様々な歴史があります。

 

初詣の元々の由来と言われている行事の一つに「年籠り(としごもり)」があります。

「年籠り」とは、「村や家の長がその地域の氏神様が祀られている社寺に大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠もること」を言います。

不眠不休で祈り続けるのが決まりでしたので、「うっかり寝てしまうと白髪やシワが増える」という言い伝えもありました。

 

現在、日本には「年籠り」の風習は残っていませんが、

「年籠り」はやがて、大晦日の夜の「除夜詣(じょやもうで)」と元日の朝の「元日詣(がんじつもうで)」として社寺を参拝する2つの行事に分かれるようになりました。

 

除夜詣と元日詣 元日詣が現在の初詣に

大晦日の夜の参拝を「除夜詣(じょやもうで)」

元日朝の参拝を「元日詣(がんじつもうで)」と言い、

参拝する社寺は、

住んでいる地域の氏神様が祀られている社寺、

または、家から見てその年の恵方の方角にある社寺を参拝するのが決まりでした。

恵方の方角にある社寺を参拝する「恵方詣り」は、関西地方で発祥した「恵方巻」にもつながっています。

 

今では、「元日詣」の風習だけが残り現在の「初詣」に姿を変えるのですが、参拝する社寺も、氏神様や恵方の社寺に限らず、交通の便が良くなったことで「有名な社寺に自由に参拝する」というのが一般的になりました。

実は、「初詣」という言葉が使われるようになったのは大正時代になってからです。

当たり前のように行われている伝統的な初詣という文化も、実は歴史は浅く、時代とともに変化したものだったのです。

 

地域によっては現在も

除夜と元旦の2回社寺を参拝する風習が残っていて、「二年参り」と言われています。

 

初詣はいつまでに参拝すればいいのですか?

新年に様々な幸福をもたらしてくださる「歳神様」をお迎えし、御もてなしをして、お見送りをするという一連の行事がお正月になります。

そして、初詣とは、地元の氏神様に旧年の感謝をささげ、新年がよい年になるようにとお参りをする行事です。

 

 初詣は、一般的には、1月1日から3日の三が日か、お正月にやってきた歳神様がいらっしゃる「松の内」までに参拝します。

「松の内」は、門松を飾る期間で、関西では1月15日まで、関東では1月7日までですが、どうしても松の内が終わるまでに初詣に行けない場合には、「節分」までに参拝するのがいいと言われています。

 

社寺によっては、「初詣には期限はありません。その年に初めてお参りしたらそれが初詣です」としてくれているところもあります。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、

大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、

不動産の売買や税金に対する

売主様、買主様の不安や悩みの解決、

不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、

それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と

私は、いつもそう思っています。

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、

不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、

そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、

永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、

私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい、

そんな思いでいます。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward