9:30~18:30
水曜日
2020年05月04日
ブログ「未来の家」

不動産売却の「仲介」と「買取り」のメリットとデメリット!

未来家不動産(みらいえふどうさん)の清水です。

最近、不動産の買取りについてご相談を受けることが少し増えてきたように思います。

買取りを希望する売主様の売却理由は、十人十色ですが、

ご相談時に、必ず説明をしていることがあります。

 

そこで今日は、不動産売却の「仲介」と「買取り」のメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

 

不動産売却の仲介と買取り

不動産を売るときには、買主を不動産会社に見つけてもらう「仲介」と、不動産会社が直接買主になる「買取り」の2種類があります。

 

仲介と買取りには、どちらにもメリットとデメリットがありますので、良く考えて選ぶようにしていただきたいと思います。

 

不動産売却の仲介と買取りのメリットとデメリット

仲介のメリットで一番大きいのは、

買取りよりも高い価格で売れることです。

ただし、購入希望者が現れず、売れ残る可能性があるというデメリットは付いてきます。

仮に購入希望者が現れたとしても、条件面で折り合わなければ結局長期化します。

 

買取りのメリットは、

不動産会社という買主が決まっているますので、確実に売れ、時間も掛かりません。

もちろん、仲介手数料も掛かりませんし、内見の対応も必要ないなど、メリットは多いのですが、

大きなデメリットとして「仲介よりも買取り価格が安い」という点があげられます。

 

なぜ買取りは仲介よりも価格が安くなるのか?

不動産会社は、買取りをした物件を必要ならリフォームし、更に転売することで利益を得るので、どうしても、買取り価格は安く購入する必要があります。

買取り価格は、最低でも不動産会社に掛かる諸費用と、不動産会社の利益分は安くなってしまいます。

また、仲介にも買取りにも価格査定はありますが、このような性質上、買取り査定というのは、仲介査定よりも明らかに安いことは、念頭に入れておかなくてはなりません。

 

未来家不動産では「仲介査定」と「買取り査定」の両方を提示し、ご説明いたしますが、自分の不動産が、本来どのくらいの価値があるのか事前に調べておき、買取り査定の説明を受ける準備は必要だと思います。

 

結局どちらを選べばいいの? ポイントは時間的な余裕です

仲介と買取のどちらを選ぶかの最大のポイントは

「売却完了までの時間に余裕があるか?」です。

 

確実に言えるのは、

時間が掛かっても高く売りたいのなら「仲介」を選んだ方がいいということです。

「仲介」を選んだからといって、

必ずしも売れるとは限りませんが、買取り価格を下回るほど値引きをしなければ、売れないということはないはずです。

 

逆に、買換えや相続、離婚などで時間に余裕がなく、早く現金化しなければならないときには「仲介」は不向きになってしまいます。

 

仲介で売れなければ、買取りに変更も可能です!

まずは、未来家不動産にご相談ください。

あなたにとって、最良の道筋を一緒に探していきましょう。

 

◆お客様専用ダイヤル:0120-946-660

「ブログを見た!」と仰ってください。 

◆営業時間/9:30~18:30

◆定休日/水曜日 です。

◆お気軽にご相談ください。

 

未来家不動産では、神戸市、明石市、姫路市、加古川市、加古郡稲美町、加古郡播磨町での、不動産買取り事業にも注力しております。

不動産買取りについてのご質問、ご要望は、未来家不動産の清水迄、お気軽にご相談ください。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward