9:30~18:30
水曜日
2018年09月24日
ブログ

今夜は見られないかもしれません。秋の風物詩『中秋の名月』

秋の夜長を楽しむ行事といえば、十五夜のお月見です。

十五夜の月を「中秋の名月」と呼んで、お月見を楽しみますよね。

 

お仕事や家事が忙しくて、心に余裕がなくなっているかもしれない、あなた! お供物などは、気にしないで、お月見をして、少し心を休ませてあげてください。

月が見える縁側や窓辺に、月見団子や里芋、枝豆や季節の果物を供え、

秋の七草やススキを飾って、満月を鑑賞します。

 

昔の人は、なぜお月見をしたのでしょう?

旧暦の8月に、お月見をするのは、

夏の農作業が一段落し、稲刈りまでの、少し手が空くこの時期に、

稲の豊作を祈って宴を行ったことが始まりと言われています。

 

また、稲の豊作祈願ではなくて、

芋類の収穫祭、畑作儀礼だったと考えられている説もあります。

 

ちなみに、『お月見』についての日本で最古の記録は、

延喜9年(909年)に、醍醐天皇が初めて、月見の宴を開いたとの記録だそうです。

しばらくは、高級貴族達だけの風習でしたが、

江戸時代になると一般庶民にも広まりっていったそうです。

 

『中秋の名月』と『仲秋の名月』、どちらが正しいの?

『中秋』と『仲秋』どちらも『ちゅうしゅう』と読みますが、

まず、『仲秋』とは、旧暦の秋の真ん中の時期をさします。

昔は、旧暦7月、8月、9月(現在の8月、9月、10月頃)を秋としていました。

 

そして、

7月を、初秋(しょしゅう)または孟秋(もうしゅう・孟は「はじめ」の意味)

8月を、仲秋(ちゅうしゅう)

9月を、晩秋(ばんしゅう)または季秋(きしゅう・季は「末」の意味)と

呼んでいました。

このように、旧暦8月を表すときには、『仲秋』と書き、

『中秋』は、秋の丁度真ん中の日である、旧暦8月15日だけ をさすことになります。

 

『ちゅうしゅうのめいげつ』は、旧暦8月15日に見える月のことですから、

漢字では『中秋の名月』と書くのが正しいということになります。

 

つまり、旧暦8月15日の月は、『中秋の月』で、

旧暦8月全体の月を『仲秋の月』というわけで、

 

『中秋の名月』 (旧暦8月15日の月)は、

『仲秋の月』 旧暦8月全体の月)の1つということになります。

 

ちなみに、『十五夜』は、旧暦8月15日の夜のことを言います。

『中秋の名月』と十『五夜』の違いは、『中秋の名月』は、旧暦8月15日の夜の月

『十五夜』は、旧暦8月15日の夜

ですから、中秋の名月は、十五夜のお月さま、となるわけですね。

 

まとめてみました。


お月見にも、いろんな意味や思いが込められています。

真っ黒な夜空を明るく照らす月は、昔の人々にとっては、

かけがえのない大切な、そして神秘的なものだったのかもしれませんね。

 

秋の収穫期とも重なり、1年で最も美しく輝く月は、

特別な存在で人々に愛され、現在でも受け継がれていて、

お月見の風習として残っているのだと思います。

 

もしかしたら、今夜は見れないかもしれませんが、

一瞬でも見れたら、秋の季節を感じてみてください。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward