9:30~18:30
水曜日
2019年03月14日
ブログ「未来の家」

不動産(ご自宅)の売却で、売主様が感じる不安と疑問と悩み 不動産の売却「一括査定サイト」の注意点

もう遠い昔の話ですが、不動産の査定を依頼する場合、不動産屋さんに電話したり、お店を訪問して、直接相談していましたが、今ではインターネットで、簡単に査定依頼ができる時代です。

 

なかでも「一括査定サイト」を利用されている方が、増えています。

そんな「一括査定サイト」を利用するときに、注意をして欲しいことがあります。

 

複数の不動産会社に依頼できる「不動産売却一括査定サイト」の注意点

では「一括査定サイト」とは、どのようなものなのでしょう?

 

通常、複数の不動産会社に査定を依頼する場合、それぞれの不動産会社に、直接連絡をしなければなりませんが、

 

「一括査定サイト」を利用すると、入口となるトップページに情報を入力するだけで、自動的に複数の不動産会社へ一括で依頼ができる、査定サイトです。

 

一括査定サイトで、査定金額が高い会社が必ずしも良いとは限りません。

「一括査定サイト」を利用して、複数の不動産会社に依頼をした場合に、注意したいのが、査定額が一番高い会社が、必ずしも良いとは限らない、と言うことです。

 

そもそも、査定価格とは、

「おおむね3ヶ月あれば売却できるであろうと想定した価格」のことです。

言い換えれば、「その価格で売れます」と保証された金額ではないのです。

 

誰でも、高く売れた方が良いと考えるのは当たり前です。

 

しかし、「公示価格と基準地価」「相続税評価額(路線価)」「固定資産税評価額」、そして「近隣の成約事例(実勢価格)」 一物四価 を基に算出される査定価格が、不動産業者ごとで、大きくずれることは、そうはありません。

 

※一物四価については、こちらのリンクから以前のブログをご覧ください。

 

※国土交通省の「土地総合情報システム」を活用すれば、無料で簡単に信頼できる情報を調べられます。

 

高い査定金額、それは、運がよければ、いつかは売れるかもしれない金額です

一括査定依頼を受けた不動産会社は、専任媒介契約の取得を第一に考え、競い合って高い査定価格を提示することがあります。

 

こういったケースでは、多くの場合、「3ヶ月以内に売却できる価格」 を超えているのが実情です。分かりやすく言えば、「がよければいつかは売れる価格」 です。

 

複数の不動産会社に、査定を依頼する場合のデメリットは、売却活動期間が長期化する可能性が高いということです。「提示された査定額で必ず売れます!」 と保証してくれない限り、高いからと言って売れる金額とは限らないのです。

 

そして、買主様には長期戦を視野に入れた価格」であることを知っていてください。

買い換えなどで期限がある場合だと、そのことが足かせとなり、結果的に大幅に値下げをして売却するケースも見受けられます。

 

売却する不動産には、5つの価格があることを、知っていてください

不動産には、一般的に下記の5つの価格があります。


◆売却様希望価格・・売主様が希望する価格
◆査定価格・・・・・不動産会社が物件調査を行い『一物四価』を基に算出する価格
◆売出し価格・・・・売主様希望価格と査定価格を基にご相談のうえ決定する価格
◆購入希望価格・・・買主様が購入を希望する価格
◆成約価格・・・・・売主様と買主様が合意して、売買契約が成立する価格

 

その価格の順番は、
売主様希望価格 > 売出し価格 > 成約価格 > 査定価格 > 購入希望価格 です。


売出し価格は、売主様の希望が強く反映されるので、査定価格よりも高くなるのが一般的です。これらを踏まえて、一括査定サイトを利用すれば、ある程度の相場観を養うことができると思います。
 
 
そして、良心的で誠実な不動産会社に巡り合えることができると思います。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward