9:30~18:30
水曜日
2019年03月19日
ブログ「未来の家」

不動産(ご自宅)の売却で、売主様が感じる不安と疑問と悩み 査定価格、売り出し価格、成約価格の違い

不動産には、定価と言うものがありません。売主であるあなたが、自由に売り出し価格を決めることができるのです。でも、どう決めればいいのか、不動産業者の言いなりにはなりたくないし、自分の希望や期限も反映させたと、誰もが悩んでしまいます。

 

大切な財産である不動産の売却を失敗しないためにも、今日は、査定価格、売り出し価格、成約価格の違いをご説明し、解決の糸口を見つけて行きたいと思います。

 

査定価格・売り出し価格・成約価格の違いとは?

不動産会社の査定価格を基に、売り出し価格を決めて、順調に進めば成約に至ります。これが一般的な売却の流れですが、この査定価格と売り出し価格と成約価格が、同額になると言うことは、ほとんどの場合ありません

 

そこで、この三つの価格の違いと、関連性を知っていただき、最初の難関である、売り出し価格の設定や、買主様からの価格交渉が入ったときに、焦らず対応ができるようになっていただきたいと思います。

 

1.査定価格とは?

車や宝石の査定価格は、買取り価格ですので、提示された金額で必ず売れます。

 

しかし、不動産の査定価格は、不動産会社が、一物四価(一物五価)や、近隣の取引事例、市況などを踏まえて、算出する価格で、その定義は、「おおむね3ヶ月あれば売却ができると予想される価格」なのです。

 

言い換えると、提示された価格で必ず売れると言う確証は無い、と言うことです。

 

2.売り出し価格とは?

不動産会社の査定で、3ヶ月あれば売却できだろうと予想される価格は分かりますが、査定価格で売り出さなければならないということではありません。売り出し価格を決めるのは、売主であるあなた自身です。

 

3,000万円の査定価格であっても、5,000万円で売り出しても、2,000万円で売り出しても、それは売主様の自由なのです。しかし、お気づきの通り、相場より高すぎると相手にされませんし、安すぎると何か隠している理由があるのでは、と敬遠さます。

 

高過ぎても安過ぎても、売り辛いと言うことです。

 

3.成約価格とは?

成約価格は、売主と買主の間で合意に至り、売買契約が成立した価格です。

 

売り出し価格を決めて、売却活動を始めれば、興味を持っていただいたた人から、内見の予約が入ります。物件を気に入ってもらえれば購入申込み、そして売買契約成立!・・・と、スムーズに進めば良いのですが、そうはいかないのが、不動産売買の難しいところです。

 

物件的に気に入っていただいても、購入希望者からは、必ずと言っていいほど価格交渉が入ります。売り出し価格のまま買ってくれないのですか?と思われるかもしれませんが、売り出し価格のまま購入してくれる買主様は、ほとんど言っていいほど、いらっしゃいません。

 

つまり「購入申込み」と言うより、「交渉の申込み」と言った方が良いのかもしれません。ですから、物件的に気に入っていただいていても、交渉が決裂すれば、売買契約には至らないということです。

 

売るのか売らないのか、買うのか買わないのか、その決定権は、売主様、買主様双方がお持ちです。不動産売買の慣習とも言える価格交渉ですので、買主様からの交渉に応じられる幅を、事前に確保しておくことが、契約までスムーズに進める秘訣になります。

 

売り出し価格と、成約価格と、査定価格の順位

以上のことから、査定価格と売り出し価格が適正であれば、

売り出し価格成約価格査定価格、と言う順位になります。

 

売り出し価格を間違えると、その順位は変わってしまします。例えば、高過ぎる売り出し価格を設定すると、売却活動が長期化し、最終的に成約価格が査定価格を下回ることもあるので、本当に慎重に決めなければならないのです。

 

売り出し価格の設定の考え方は、次回のブログで書きたいと思います。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward