9:30~18:30
水曜日
2020年02月27日
ブログ「未来の家」

家(一戸建て・マンション)を売るとき、内覧者(購入希望者)を迎える前に注意して欲しいこと!

今日は、家(一戸建て・マンション)を売るとき、内覧者(購入希望者)を迎える前に注意して欲しいことについて書きたいと思います。

 

一戸建てやマンションを売るときは、実際に家を見てもらうことで、そこでの暮らしをイメージしてもらいます。

購入希望者に物件を実際に見て確かめてもらうのが「内覧」です。

地域や不動産会社によっては「内見」や 「案内」とも言います。

 

私たちが初対面の人と会うとき、最も重視することといえば、第一印象です。

これは、不動産の場合も一緒です。

購入希望者に良い第一印象を持っていただくために、内覧の前にはひと手間かけて欲しいのです。

 

良い第一印象には掃除と整理整頓が必須

実際に物件を見に来てくれると言うことは、間取りや立地条件、価格などが希望に近いと言うことです。

そこで内覧者の購入意欲を後押しするためにも、事前にしっかりと準備しておく必要があります。

では、内覧者を迎えるときに、良い第一印象を持っていただくためには、掃除と整理整頓が必須になります。

汚れが目立ったり、散らかったりしている部屋を見て購入したいと思う人はいません。

けれども、きれいに掃除され、片付いた部屋は清潔感があり、内覧者に良い印象を持ってもらえます。

そこで、特に掃除と片付けをしておきたい場所は、次の通りです。

 

1.玄関

内覧者が最初に目にする場所は玄関です。

つまり、最初に第一印象を感じる場所だということです。

そのためにも、靴は下駄箱に、傘は収納に片付けておいてください。

片付いた玄関は広く見えます。

また、たたき(土間)も掃き掃除をして、

できれば水拭きもして綺麗にしておいてください。

 

2.リビング

リビングは家族が集まり、くつろぐ場所です。

また、その家での暮らしをイメージしやすいところでもあります。

そこで、余計な物は片付けて、きれいに掃除しておきましょう。

そして、できるだけ部屋を広く見えるようにしてください。

また、窓ガラスや網戸は拭き掃除をして、網戸が破れていたら補修しておきましょう。

 

3.水周り

内覧者が厳しい眼でチェックする場所で、

最も清潔感が欠かせないところといえば、

バスルーム、洗面所、トイレなどの水回りです。

水垢を取り、清潔にしておきましょう。

 

念には念を入れて、できれば内覧前に

ハウスクリーニング業者に掃除を依頼するのも一つの方法です。

 

4.キッチン

水周りと同様に、キッチンは清潔感が第一です。

コンロやシンクはきれいに掃除して、

食器類は洗って食器棚にしまっておきましょう。

また出したままになっているキッチン用品も片付けましょう。

ニオイや生ゴミ・ゴミ箱にも注意してください。

 

5.バルコニー

バルコニーは、見られないだろう、とつい油断してしまう場所です。

けれども、内覧者がチェックするところなので、忘れず掃除をしておきましょう。

洗濯物を取り込んで、ゴミなどを置かないこと。

バルコニーの床や窓の外側は風雨にさらされ汚れていますので、

きれいに拭き掃き掃除をしてください。

 

次に、掃除と整理整頓以外に、注意して欲しいことがあります!

それは次の通りです。

 

6.部屋のニオイに注意してください

部屋に入ってタバコ臭がしたり、生活臭がしると、

それだけで印象が悪く、一気に購入意欲が無くなってしまします。

ニオイを防ぐために、内覧前に窓を開けて十分に換気をしてください。

芳香剤やスプレーを利用するのもいいかもしれませんね。

ただし、臭いのキツイ芳香剤やスプレーは逆効果です!

 

7.部屋は明るくしてください

カーテンを開け、照明も付けて、部屋を明るくしてください。

また、窓際には物を置かないようにして、採光できるようにしてください。

窓際に物を置いていると、お庭を見てもらうときに邪魔になります。

 

8.花を飾るのも良いでしょう

おもてなしの気持ちを込めて

玄関などに花を飾ると、視覚的な印象が良くなります。

内覧者の緊張をほぐして、穏やかな気持ちで見学してもらうことができます。

 

9.売主様の振る舞いには注意が必要です

売主様であれば、見に来てくれた人に買ってもらいたいと強く願うものです。

とはいえ、売主様の積極的なアピールは押し売りと感じ、

場合によってはマイナスイメージになってしまうこともあります。

 

内覧者に付きっきりで説明したり、

聞かれてもいないことを話し過ぎたりしないようにしてください。

 

質問されたときは、

自分たちがその家を購入したときの気持ちを思い出して、

買主様の立場になって説明ができれば好印象を持ってもらえます。

 

10.掃除の他に第一印象が良くなる方法

内覧者が必ずチェックする場所をきれいに掃除しておくことのほかにも、印象が良くなる方法があります。

 

例えば、特製の近隣のスーパーやコンビニ、学校や病院など、よく利用しそうな施設までの地図を用意しておくと喜ばれます。

このような情報提供をしてあげると、そこでの生活をイメージしやすくなるばかりでなく、売主様に対する印象も良くなります。

 

また、内覧者に質問されそうなこと(リフォーム履歴、売却理由、ご近所に人など)を想定して回答を準備しておくことも、忘れないでください。

 

まとめてみました!

一戸建てやマンションの内覧者に良い印象を与える方法はさまざまです。

どれも第一印象を良くするために欠かせないものばかりなので、

見学する人の目線で部屋を見直して「ここにぜひ住みたい!」と思ってもらえるよう、おもてなしの気持ちを込めて準備をしてください。

また、内覧当日は不動産会社も立ち会いますので、内覧の流れや見学者に説明する内容を、担当者と事前に打ち合わせすることは大切なことです。

 

さらに、内覧者に部屋を購入してもらうためには、物件に適正価格を付けることも重要なポイントです。

もしこれから不動産会社を探すのでしたら、不動産売却の経験が豊富な会社を見つけてください。

そのためにも、複数の会社とコンタクトを取り、担当者と実際に話をして、どんな相談にも快く応じてくれて信頼のできる不動産会社を選んでください。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward