9:30~18:30
水曜日
2020年07月04日
ブログ「未来の家」

よく似た名称の「登記事項証明書」と「登記簿謄本」の違い

不動産の売買で必ず登場する「登記事項証明書」と「登記簿謄本」と言う名称の書類。

不動産の売買の経験が無い人には、はじめて聞く書類かもしれません。

このよく似た名称の書類には「全部事項証明書」「一部事項証明書」「登記簿謄本」「登記簿抄本」などが有って、どの書類が売買に必要なのか混乱してしまうと思います。

 

これらの書類は、不動産の売買では非常に重要な書類ですので、不動産売買を検討している人は、しっかり理解しいただきたいので、今日は「登記事項証明書」と「登記簿謄本」の違いや取得方法について書いてみたいと思います。

 

登記とは、あなたの権利を証明するものです

例えば、あなたが不動産を売るときに「この不動産の所有者は自分です」と証明するにはどのようにしたらいいでしょうか?

そんなときに役に立つのが「登記」という制度なのです。

登記とは、広く公に示すため、一定の事項を公開される帳簿に記載し取引における第三者に不測の損害を被らせないための制度のことです。

不動産の売買では、法務局に登録されている不動産の権利の情報のことで、その所有者が誰で、どういう権利を持っているかなどの情報が登録されています。

また、その情報は、現在だけでなく、過去の情報も登録されていてます。

 

登記は、軽視できません!

例えば、あなたがAさんから不動産を買ったとします。実はAさんは、あなた以外のBさんにもその不動産を売っていました。

そのとき、Bさんがあなたより先に登記をしてしまうと、あなたにはその不動産の所有権をBさんにも第三者にも主張することができなくなってしまうのです。

 

また、買主にとっても、所有権の無い人から不動産を買っても自分の権利を主張できないため、登記で所有者を確認することは、とても重要なことなのです。

逆に、あなたが不動産を売るときに、自分がその不動産の所有者であることを証明できるのも「登記」ということになります。

 

登記事項証明書と登記簿謄本の記載内容は同じ

よく似た名称の「登記事項証明書」と「登記簿謄本」ですが、同じ内容の登記事項が記載されています。

記載内容が同じなのに、なぜ名称が異なるのでしょうか?

まずは、登記事項証明書と登記簿謄本の名称が違う理由について書きます。

 

登記事項証明書とは?

登記事項証明書とは、登記簿(登記用紙)に登記されている情報を磁気ディスクに記録し、その内容を証明するための書類です。

コンピュータで処理したデータを専用用紙に印刷した形式になっています。

 

不動産の登記事項証明書であれば、1筆の土地や1個の建物ごとに、その所在地や所有者などの情報が記載されていて、売買するときは、その不動産の所有者を確認、証明する必要があるため、登記事項証明書を取得します。

 

登記簿謄本とは? 登記事項証明書との違い

登記簿謄本は、登記事項証明書と記載内容は同じですが、登記事務をコンピュータで処理していない登記所では、登記事項を直接登記用紙に記載しており、その用紙を複写(コピー)し証明したものが登記簿謄本です。

コンピュータ処理していない登記簿も同様に複写(コピー)し発行するものもあります。

つまり、コンピュータ内のデータを印刷したものが「登記事項証明書」、登記簿をそのままコピーしたものが「登記簿謄本」ということになります。

 

現在では、ほとんどの場面で登記事項証明書が用いられているのですが、長年不動産業に携わっている人は、登記簿謄本という名称を使っているケースが多いですね。

不動産屋さんが「登記簿謄本」って言っていても、それは「登記事項証明書」のことだと理解して上げてください。

 

次回のブログは、登記事項証明書の種類について書きたいと思っていますので、併せてお読みください。

◆5つの登記事項証明書、全部事項証明書、現在事項証明書、一部事項証明書、閉鎖事項証明書、登記事項要約書

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward