9:30~18:30
水曜日
2020年10月25日
地元(加古川市)のお話

知っていれば安心です!「交通事故の場合」の冷静で正確な119番通報!

加古川市、加古郡稲美町、加古郡播磨町から119番に通報すると、加古川市加古川町北在家2000番地にある加古川市役所内の「加古川市消防本部」につながります。

加古川市消防本部につながると通信指令員が

「はい、119番、加古川です。火事ですか?救急ですか?」と問い掛けてくれます。

通報したあなたは、目の前で起こっていることを伝えることになるのですが、いざと言うときに冷静に詳しく伝えることができるでしょうか?

 

そこで今日は、知っていれば安心です!「交通事故の場合」の冷静で正確な119番通報!について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門店 未来家不動産株式会社 代表 清水浩治

 

いざというときに冷静に119番通報ができる人は多くありません!

「目の前で人が倒れている!」「自宅で火災で燃えている!」「交通事故で怪我人がいる!」など、119番通報の内容は様々です。

119番通報をするときは、あなたにとって非常事態に陥っているかもしれません。そんなときのために冷静に通報ができるようトレーニングが必要かもしれません。

実は、119番通報をされる人の多くは「火事や、火事!、火事!」や「早く来て来て!救急車、救急車」のように冷静さを失っているそうです。

 

119番通報を受信した通信指令員(オペレーター)が質問する内容に、あなたが冷静に正確に答えることで、1秒でも早く出動してもらう方法なのです。

 

交通事故の場合の119番通報イメージトレーニング

◆通報者:交通事故だ! すぐに救急車呼を!(救急も火災も119番です)

◆オペレーター:はい! 119番、加古川です。火事ですか? 救急ですか?

●通報者:交通事故です!救急車、救急車! 早く来たください!

※ポイント:まずは、あなたの安全を確保したうえで119番通報をしてください。

 

オペレーター:落ち着いてください。まずは、救急車が向かう場所(住所)を教えてください。

◆通報者:えぇ~と・・・住所はわかりませんが、場所は国道2号線です。新在家の交差点です!早く来たください!

●オペレーター:国道2号線の新在家の交差点ですね。 救急車が向かう住所が確認できました。救急車はもう向かっていますので安心してください!

※ポイント:救急車が向かう場所(住所)をしっかりと伝えてください。地理に不慣れな場合は近くの目標物(公共の建物、お店、交差点など)を教えてください。

 

●オペレーター:次に、どんな事故かを教えてください。

◆通報者:普通自動車とバイクの事故です。バイクの運転手が道路で倒れていたがっています!左足から血が出ているみたいです!!

●オペレーター:怪我をしている人は1人ですか?意識はありますか?そこから見て閉じ込められている人や燃料漏れはありませんか?

◆通報者:怪我はバイクの人だけで意識はあります。車の運転手は道路に立っていて怪我はなさそうです。はっきりは分かりませんが燃料漏れはないみたいです!

※ポイント:・どんな事故か ・怪我をしている人数 ・現場の状況・燃料漏れはないか?・閉じ込められている人はいないか? ・など、オペレーターが質問しますので、ゆっくり落ち着いて答えてください。

事故の状況や怪我人の人数によって救急車以外にも消防車や救助工作車も出動します。

 

●オペレーター:分かりました。救急車はもう近くまで来ているので、サイレンの音が聞こえたら手を振って合図をしてください。

●オペレーター:最後にあなたのお名前を教えてください。

◆通報者:私は、たまたま事故を目撃した歩行者です。名前は清水と言います。

※ポイント:救携帯電話で119番通報をした場合はオペレーターが折り返し電話連絡をすることがありますので、つながる状態にしておいてください。

 

交通事故の場合の119番通報、ここがポイント!

目の前で事故が起きた場合、

あなたが冷静に正確な119番通報することで救える命があります!

勇気を出して119番通報をしてください。

 

◆どんな事故が起こったのか?

◆現場はどのような状況か?

◆怪我人は何人いるのか?

◆怪我の程度はどうか?

◆車内に閉じ込められたりしていないか?

◆ガソリン等のオイルが漏れていないか?

 

また、高速道路やバイパスで事故を起こしてしまったときや、事故を発見した場合、運転中の自動車からの通報は危険ですので、安全な場所に停車してから通報してください。

高速道路の道路名、上り車線、下り車線の区別、KP(キロポスト)標示を伝えることができれば、事故現場の特定ができます。

 

119番通報をするのは大人だけではありません!

子どもだけで留守番をしているとき、

通学途中や帰宅途中、急に具合が悪くなったり、

事故に巻き込まれるかも分かりません。

そんなとき、119番通報をしてくれる大人がいつも近くにいるとは限りません。

 

また、あなたの具合が悪くなり、話すことができなくなったとき、119番通報をしてあなたの命を助けてくれるのは誰でしょうか?

大人やこども、年齢に関係なく、誰もが119番通報を行うことができるように、日頃からご家庭で、友達同士で119番通報について考えてみてください!

 

1秒でも早い到着のために・・・

いざというときのために、正しい119番通報の方法をトレーニングして身につけておいてください!

大切なあなたのために、そしてあなたの大切な人のために、救急車と救急隊に1秒でも早く、来てもらうために!

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward