9:30~18:30
水曜日
2021年01月05日
今日は何の日?

「しごとはじめ」は「仕事初め」ではなくて「仕事始め」が正解です!

年末に取引先からいただいたメールで

年末年始の休暇と「しごとはじめ」のお知らを見ていたら

「仕事初め」と書かれている会社と

「仕事始め」と書かれている会社があることにに気付きました。

私は「仕事始め」と書いているのですが、

「仕事始め」と「仕事初め」の

どちらが正解なのか?

どちらとも正解なのか?

ちょっと気になったので調べてみました。

 

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

「仕事始め」と「仕事初め」どっちが正解?

年末年始の休暇が明けて

最初の出勤日を「仕事はじめ」と言いますが、

漢字で書くと「仕事始め」と「仕事初め」のどっちが正解なのでしょう?

それとも、どっちとも正解なのでしょうか?

 

結論から言うと答えは「仕事始め」です!

 

ウィキペディア(Wikipedia)では、

年始となる1月の上旬の、最初の仕事のこと。

広辞苑無料検索では、

新年になって、その年の仕事を始めること。また、その日。

となっています。

 

英語に訳してみるともっと分かりやすいかもしれません・・・・

 

「始め」は「start」「初め」は「first」

「仕事始め」の「始め」は英語に訳すと「start(スタート)」になります。

年末年始の休暇が終わり年明けに仕事を開始することは「仕事をスタートする」になりますので「仕事始め」です。

 

一方、「初め」は英語に訳すと「first(ファースト)」になります。

「first(ファースト)」は、時間的に早い段階、最初、一番目と言う意味になります。

「初め」は「事のはじまり」、つまり「最初」「初めて」の意味です。

 

新年に初めて文字を書くことを「書き初め(かきぞめ)」と言いますが、このことからも「初め」は「初めて」の意味になることが分かっていただけると思います。

新年最初の仕事ですから「仕事初め」と書いてしまいそうですが、「仕事始め」は仕事をスタートする日であって、初めて仕事をする日ではない、と言うことです。

 

ということから、

年末年始の休暇が明けて仕事を開始する表現としては「仕事始め」が正しいのです。

ビジネスメールなどで間違うと受け取る側に「?」が付くこともありますので気をつけてください。

 

ちなみに、

官公庁など行政機関では、「御用納め」「御用始め」

証券取引所では、「大納会」「大発会」と言っていますが、

意味合いは「仕事納め」「仕事始め」と同じです。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、

大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、

不動産の売買や税金に対する

売主様、買主様の不安や悩みの解決、

不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、

それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と

私は、いつもそう思っています。

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、

不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、

そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、

永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、

私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい、

そんな思いでいます。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward