9:30~18:30
水曜日
2018年10月27日
ブログ「未来の家」

物件を見に行くときに、見るべきところ! その2

前回、外から見る外壁について書きましたが、

今日は、その補足になります。

 

外壁は、紫外線による熱や雨水による水分に

外部からの強い刺激を日々受けています。

 

そのため外壁の塗膜表面が攻撃され、劣化し樹脂が剥がれていきます。

その劣化した壁を手で触ると、手に粉のような塗料が付くようになります。

 

白亜化現象(チョーキング現象)

これは、

壁の塗料が劣化していることになります。

この現象を『白亜化現象(チョーキング現象)』といいます。

 

あなたも経験したことが有ると思いますが、

ガードレールを触ったとき、

白い粉が手に付いたことはないですか?

 

これも表面の塗装が劣化して、塗料の顔料が剥がれた状態なのです。

このような状態になると、塗膜の劣化によって

防水性が弱くなり水分が浸み込んでいく原因となります。

 

購入前に分かっていれば・・・・

外壁は、日々外からの刺激を受けているので

劣化していくのは仕方がないことですが、

購入前に分かっていれば、後々の心構えができますよね。

 

あなたにとって良いご縁がありますように!

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward