9:30~18:30
水曜日
2018年10月31日
ブログ「未来の家」

物件を見に行くときに、見るべきところ! その6

中古一戸建の室内を案内してもらったときに

違和感を覚えたことはないですか?

 

自分の体が自分の意志とは違う方向へ・・・・?

 

建築年数が浅い物件には、ほとんど無いのですが、

たまに現れていることがあります。

 

何となく体が左右どちらかに浮いたような、

変な気分を感じたことはないですか?

 

感じる違和感!それは、建物の傾きよるものです。

各部屋の1室だけに違和感があるだけなら、

その部屋だけの床の張り方が悪いとか、

職人の力量の可能性もあります。

 

しかし、各階の同じ位置で、同じように感じる場合は

同じ方向に床が下がっているなど、

建物が傾いている可能性が高いと思います。

 

水平器などがあれば、すぐに分かりますが、

室内の案内時に持って来る方は、

ほとんどいないので、分からないと思います。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

簡単な方法があります。

 

スマートフォンのアプリに水平器があります。

それを使うと、けっこう正確に測れます。

 

アプリが無い方は、

洋室や廊下などフローリングの部屋を、

スリッパを脱いで縦や横や斜めに歩いてみてください。

 

気にしながら歩いてみると、わかることがあります。

 

あなたと営業マンの違和感を確認し合ってください。

多くの物件を内覧している営業マンに

違和感が無いか、聞いてみるのも方法です。

 

もしかすると、

傾きをあまり経験していないあなたの感じ方の方が

確かな場合もありますが、

 

あなたと営業マンの違和感を確認し合ってください。

 

また、前向きに購入を検討する物件でしたら、

営業マンは、水平器を常備していますので

測定をしてもらうことをお勧めします。

 

もっと確かな方法は、多少費用はかかりますが、

インスペクション(住宅診断)を行う方法もあります。

 

あなたにとって良いご縁がありますように!

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward