9:30~18:30
水曜日
2018年10月26日
ブログ「未来の家」

物件を見に行くときに、見るべきところ! その1

マイホームを探している、遠方の知人から、

こんな質問がありました。

『物件を見に行くときに、どこを注意して見たら良いのか?』

近くに住んでいたら、私がお手伝いをするのですが・・・・

 

こんな悩みや疑問を持っている方は、多いと思います。

注意して見て欲しいことを、思いつくままに書いてみようと思っていますが、

少し長くなりそうなので、何回かに分けて書いていきます。

 

まずは、外観を見るときのポイントです。

気になる物件をポートるサイトなどで見つけたら、

不動産会社に電話する前に、自分で物件の場所を調べて、

一人で見に行く方のために、

 

まず、目に映るものといえば 『外観』 だと思います。

 

そこで、外観を見るときのポイントです。

ここでは、法令上の制限など専門的なことは後回しにして、

最初に目に入ってくる『建物の外壁や材質』を見てください。

 

外壁の材料、素材

モルタルや土壁などのような『塗り壁』

『サイディング』という板材、

『タイル張り』

『ALC』という『コンクリートパネル』、等々

何を使用しているのか見てください。

 

材質によっては、近づいて見ないと劣化状況が

分からないものありますが、

『塗り壁』 なら少し離れていても見えると思います。

 

それは、『壁のひび割れ』です。

壁にひび割れが無いか、見てください。

 

壁のひび割れ

シーリング材等で、補修されている場合は、まだ良いのですが、

何もしていない状態では、

壁の中に雨水などが浸み込んでいる可能性があります。

 

古い家の外壁が、一部膨らんでいるのを見たことはないですか?

その膨らみの原因がこれです。

 

長年そのままに放置していると、雨水が壁の中に浸み込んでいき、

その結果、壁が剥がれたり、崩れ落ちたりします。

 

この場合、

購入後の修理費を考えておかないといけなくなるので、

よく外壁を見ることをお勧めします。

 

あなたにとって良いご縁がありますように!

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward