9:30~18:30
水曜日
2018年01月07日
ブログ「未来の家」

早朝の出来事 早朝奉仕にて

私は、たまに、早朝奉仕に参加しています。

 

早朝奉仕といっても、駅前のゴミを拾うだけの、簡単なものですが、今朝も参加していたら、『僕もやりたいのですが、どうすれば良いですか』 と、ひとりの青年が声をかけてくれました。

 

少し、やんちゃそうな青年でしたが、理由を聞くと『何か人の役に立つことがしたい』 とのことでした。

 

何か人生について思うとことがあるのだと思いますが、そのような考えを持ってくれていることに感激しました。

 

日常生活、例えば、職場や家庭で

自分が行ったことが、感謝されたり、褒められたりすると、いい気分になります。逆に、認めてくれなかったり、苦労が報わらないと、気分が落ち込みます。これだけ、してあげたのに・・・・と腹が立ちます。

 

それは、『人のために』にしているのではなく、『自分のために』しているからではないでしょうか。 認めてもらっても、認めてくれなくても、自分がやると決めたのであれば、『尽くし損、働き損』に徹してみる、『奉仕の気持ち』を持ってみる。

 

そうすると、不思議に気持ちが楽になります。

 

認めてもらおうとすると、無理が生じます。尽くし損に徹すれば、そこには、無理がないので、不思議と腹立たしい気持ちは起きません。

 

奉仕の気持ちと、欲の無い気持ち

早朝奉仕は、始発前の、まだ暗いうちから始まり、人通りもほとんどありませんので、誰かに認めてもらおうとか、誰かに褒めてもらうというものではありません。

 

もしかしたら、綺麗になった駅前を見て、気持ちよく感じてくれ人が、いるかもしれませんが、だから、できるのだと思います。

 

『人のために』という『奉仕の気持ち』、『尽くし損、働き損』という『欲の無い気持ち』で暮らすことができれば、腹を立てることも少しは減るような気がします。

 

store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward