9:30~18:30
水曜日
2020年09月23日
ブログ「未来の家」

売主様へ! ご自宅を好条件で売却するための、ちょっとした知恵です

ご自宅や、ご所有不動産を好条件で売却を考えるとき「査定価格が不動産会社によって違う!」という話を聞いたことがありませんか?

なかには、極端に高い査定価格を出してくる不動産業者がいます。

昔は、不動産会社に聞かないと分からなかった相場が、今ではインターネットで検索することで容易に解るようになりました。

 

そこで今日は、そんな便利な時代だからこそ、ご自宅を好条件で売却するための、ちょっとした知恵について書いてみたいと思います。

 

筆、加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産株式会社 代表 清水浩治

 

便利な時代だからこそ不動産会社任せにはしないで!

何かを買うという経験はあっても、何かを売るという経験は、ほとんど無いと思います。ましてや、不動産の売却となると、始めてという人が、ほとんどではないでしょうか?

 

人生で、何度も経験することのない不動産の売却は、多くの人にとって何も分からない状態だと思います。

不動産の取引は、専門的知識が必要ですので、売却をする場合は、不動産会社に全てを任せてしまうものです。本当にそれで、いいのですか?

 

売主様のお気持ちとして「少しでも高く好条件で売りたい」というのが本音だと思います。であれば、依頼した不動産会社は、適正な査定価格を出してくれたのか、気になると思います。

 

自分で調べて、高い査定価格には、その根拠を質問

インターネットの普及により、専門知識がなくても、ある程度は不動産の売却に関する知識を得ることができます。

 

価格についても、SUUMOやホームズなどのポータルサイトで、ご自宅の近隣物件の販売価格を、公示地価や基準地価が分かるサイトで、土地の価格を調べることができます。

 

ある程度、相場が分かった後に、複数(3社から4社)の不動産会社に査定を申し込みます。

そうすると、極端に高い価格を示す業者に対して、その価格の根拠を質問することもできるようになります。

ただ、高い価格を提示する不動産業者は、売却の専任媒介契約が欲しいがための高額査定が、ほとんどですが!

 

不動産の価格査定は複数の不動産屋さんに依頼

ご自宅や、ご所有不動産を売却するときに、

一般的には、大々的な広告やTVCMなどしている「大手不動産会社」「フランチャイズの不動産会社」などに依頼される人が多いと思います。

また、最初に相談した1社だけで決めてしまう人も、少なくないと思います。

 

そこで、不動産の価格査定は、複数(3社から4社)の会社に依頼することで、各不動産会社の応対や姿勢を、見極めて欲しいのです。

その際には、地域密着で営業する不動産屋さんを最低1社加えることをお勧めします。

何故なら、地元で生活している地元の不動産屋さんは、これからも、そこで生きて行かなければなりませんので、嘘はつかないからです!

 

高い査定価額には注意が必要です

その際、一番間違えやすく、陥りやすいのが、「高い査定をしてくれた会社に販売を任せてしまう」ということです。

当然、ご自宅や、ご所有不動産を高く査定してくれた不動産業者に任せたい、と思うでしょうが、ここは、ちょっと冷静になって考えてみてください。

 

専任媒介契約が欲しいがための高額査定かもしれません。

 

不動産の査定は、車や金、宝石等の査定とは全く違うのです。

簡単に説明すると、車や金、宝石の査定は「買取り価格」で、提示した価格で実際に買取ってくれますが、不動産の査定は「3ヶ月以内に売れるだろう価格」です。

 

査定価格は実際に売出すときの販売価格の目安であって、その価格で売れるという保証は付いていません

つまり「高い査定価額」であっても、売れなければ、何の意味も無いと言うことです。

 

もし、その「高い査定価格」が「買取り価格」であれば、その価格を提示した不動産会社に、即売却してください。ただ、そんな高い価格で買取る不動産業者はいないとおもいますが・・・・。

 

相場を大きくかけはなれた査定価格では100%売れません!

査定価額が「相場」を大きく超えているのであれば、実際問題、売るのは難しいでしょう。

売主様がインターネットで調べられるように、買主様も物件情報を見ることができますので、「相場」を大きくかけはなれた物件は、よほどの事情がない限り100%売れることはありません。

 

高い査定価額を提示されると、嬉しく感じると思いますが、所詮は儚い幻です

相場より極端に高いものなど売れません

何でもそうです。

不動産も同じです。

例え、どんなにブランド力や集客力、販売力があっても、売れません。

 

不動産会社のあるある、そして売却を思案中のあなたへ

特に、大手の不動産会社の営業マンは「専任媒介契約1件」が営業評価になります。

 

高い査定価格を提示することで、1件の専任媒介契約に結び付くのであれば、

売主様が困ろうが、自分の成績を優先する傾向があります。

顧客より上司からのプレッシャーの方が怖いのです。

 

あなたも、薄々気付かれているように

大手不動産会社でも、お行儀の悪い不動産会社は少なくないのです。

企業名やブランドで判断するのではなく、

売主様が身に付けた知識と知恵で見極めてください。

 

そして、覚えていて欲しいことは、

「不動産は、相場を上回る高値では売れません!」

売ると決めたのであれば「売れる価格で早期売却」です。

そんなの当たり前と思われるでしょうが、これが、なかなかできないのです。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward