9:30~18:30
水曜日
2019年11月14日
ブログ

天皇陛下一世で一度限りの大嘗祭(だいじょうさい)が14日(木)から、大嘗宮(だいじょうきゅう)で執り行われます

天皇陛下一世で一度限りの「大嘗祭(だいじょうさい)」

今日、11月14日(木)から15日(金)にかけて、

皇居、東御苑に建設された大嘗宮(だいじょうきゅう)を中心に執り行われます。

かがり火の中、古式にのっとって営まれる秘儀です。

 

大嘗祭は、即位礼と並び皇位継承に伴う重要な皇室行事です。

新天皇陛下は、その年に収穫されたコメやアワなどの新穀を神前に供え、自ら食して国や国民の安寧と、五穀豊穣を祈られます。

 

大嘗祭は、新天皇が即位後初めて行う新嘗祭です

毎年11月に、皇居内で新嘗祭(にいなめさい)が営まれておりますが、大嘗祭は新天皇が即位後初めて行う新嘗祭です。

大嘗祭の中心儀式が「大嘗宮の儀」です。

秘儀のため、そのご様子は明かされていません。

大嘗祭の起源をたどると7世紀の天武、持統天皇の時代まで遡ると言われています。

 

純白の祭服をまとった天皇陛下が、

東日本(新潟、長野、静岡から東側の18都道県)の「悠紀(ゆき)地方」と、

西日本(新潟、長野、静岡より西の29府県)の「主基(すき)地方」から

儀式用のコメを育てる「斎田(さいでん)」を設ける都道府県を、焼いた亀の甲のひびで占う「亀卜(きぼく)」で決めます。これも古式にのっとった秘儀とされています。

今回は、栃木県と京都府が選ばれました。

両地方からとれた新穀や神酒を大嘗宮の中の「悠紀殿」と「主基殿」にそれぞれ供え、食されます。

また、全国各都道府県から納入された特産品も供えられます。

 

※新嘗祭は、こちらのブログをご覧ください。

 

大嘗宮は儀式終了後一般公開され、その後解体されます

大嘗宮の儀を終えた後の16日(土)と18日(月)には、参列者に天皇陛下がお酒や料理を振る舞われる「大饗(だいきょう)の儀」が催されます。

 

また、儀式で使うコメなどを育てた栃木県と京都府の四季を描く「悠紀・主基地方風俗歌屏風」などが飾られるそうです。

舞楽台では、日本で最も起源の古い歌舞とされる「久米舞(くめまい)」も披露され、武官の装束を着用した踊り手が太刀を抜いて勇壮に舞うそうです。

 

一連の儀式が終わった後、

大嘗宮は、11月21日(木)から12月8日(日)まで一般公開されます。

一般公開後は解体されます。

 

ただただ、感謝です!

今日くらいは、

今を生かされていること、

命の恵を受けられることを、

天皇陛下とともに祈り、

神々やご先祖様、自然に感謝したいと思っています。

 

そして、誰よりも、

私たち国民の繁栄と平和を、

日々祈り続けてくださっている天皇陛下へ、

敬意をもって感謝したいと思います。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward