9:30~18:30
水曜日
2020年04月29日
ブログ「未来の家」

家の売却に不動産会社の査定が必要な理由はけっこう奥が深い!

家の売却を決断したら最初に行うことは不動産会社への査定依頼です。

依頼する不動産会社の適正な査定価格が、

適正な売出し価格の設定と適正価格での売却が決まるのです。

ですから、最初の査定は不動産売却の要であり一番重要な手続きなのです。

 

そこで今日は、

家の売却に不動産会社の査定が必要な理由について書いてみたいと思います。

けっこう奥が深いので最後まで読んでみてください。

 

家の売却で査定が重要な理由とは?

家の売却するための準備ができたら対外的に最初に実行するのが査定です。

不動産は唯一無二の存在で大切な財産ですが、

そこには定価と言うものが有りません。

 

人から「あなたの家の価格は〇〇〇〇万円です」と言われても

簡単には信じられないものだと思います。

ですから、余計に家の売却で査定が重要になるのです。

その理由について書いていきます。

 

不動産には定価が無い!だから査定が必要

不動産には定価が有りません。だからこそ査定が必要になります。

新築物件は、宅建業者やディベロッパーが土地の仕入れ価格と建物の建築費に利益を加えて販売価格を決めています。

中古物件は、新築物件のように宅建業者が販売価格を付けているわけではないのです。

新築物件の価格設定には、仕入に対する利益といった明確な要因がありますが、中古物件はそれとは大きく違います。

 

一方で、中古の家の土地価格は景気変動により変動し、建物価格は築年数とともに下落し売り出す時点では価格が分からない状態にあります。

そのため、近隣の取引事例や売出し中の物件価格を調べ比較することで価格を決めることが必要になります。

 

損をせず、適正価格で確実に売却するためには、不動産会社に査定を依頼し適正な売出し価格を設定することが重要になるのです。

 

不動産は唯一無二の存在で個性が有る

不動産は唯一無二の存在で、それぞれに個性が有ります。

 

たとえば、一戸建ての場合は土地や建物の広さ、土地の形や建物の間取り築年数、リフォームの有無、使用状況などが全部違います。マンションも同じ間取りでも階数や向き、リフォームの有無などで同じ存在は有りません。

不動産は全てに違いが有りますので、それぞれの物件の個性を現地で確認し近隣相場と比較して査定価格を算出します。

なぜなら、その個性が査定価格を上げたり下げたりする要因になるからです。

 

たとえば、対象地の土地が角地であれば近隣の相場よりも高くなりますし、対象地の道路の幅員が平均より狭ければ相場よりも低くなるからです。

このように、不動産の個性が相場と比較して査定価格を上下させる要因になるので、必ず査定を行わないと適正な価格の判断ができないのです。

 

不動産は大切な財産だからこそ査定が重要!

不動産の査定が重要なのは売主様にとって大切な財産だからです。

あなたが1,000円で購入したものを売ります。仮に500円でしか売れなくても大きなショックは受けないと思います。もともと金額が安いものであれば、わざわざ査定をしてもらうとも思わないでしょう。

 

でも、不動産は高額で大切な財産ですので、いい加減な金額で売るわけにはいきません。

だからこそ、地域に精通した不動産会社に依頼して適正な査定価格を出してもらうことが売主様にとっても必要なことだと思っています。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward