9:30~18:30
水曜日
2020年06月09日
ブログ「未来の家」

24時間換気システム!お部屋の換気の基礎知識!エアコンでは換気はできません!

最近では、エアコンでお部屋の換気ができないことを知っている人は多いと思います。

エアコンは「部屋の中の空気を吸い込んで」その空気を冷たくしたり、温かくしたりした後に「部屋の中に戻す」して快適な空間をつくってくれいるので、お部屋の空気と外の空気の入れ換え、すなわち、ほとんどのエアコンは換気ができないのです。

 

そこで今日は、建築基準法の改正で設置が義務付けられている「24時間換気システム」の、正しい使い方と効率よく換気をする方法について書いてみたいと思います。

 

換気とは、お部屋の汚染物質を外に出すこと

換気の基礎知識として、換気とは、お部屋の中の空気と外の空気を入れ換え、お部屋の空気中に存在する汚染物資を、部屋の中から外へ出したり薄めたりすることです。

汚染物質とは、人間に対して悪い影響を及ぼすもので、二酸化炭素、一酸化炭素、ホルムアルデヒド、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどが存在します。

 

最近の一戸建てやマンションの多くは「気密性」が⾼いので、汚れた空気が部屋の外に出にくいため、何もしなければ、十分な換気ができず、汚れた空気がどんどん溜まってしまうのです。

 

24時間換気システムの設置は建築基準法の改正で義務化

平成15年(2003年)7月以降に新築された建物であれば、建築基準法の改正で「24時間換気システム」が設置されています。

最近の新築一戸建てや新築マンションには「24時間換気システム」が義務として設置されています。

一戸建てやマンションの24時間換気システムは、主に、部屋の壁や天井に「給気口」がついていて、換気システムを使うと「給気口」から外気が部屋の中に取り入れられ、部屋全体の空気をきれいにし、もともとの空気を強制換気で「排気口」から建物の外に出すように設計されています。

 

一戸建てやマンションの24時間換気システムではこの換気方法が最も一般的で、建築基準法では、1時間で部屋全体の空気の半分以上が入れ換わっていることが必要と定めています。

ただ、正しく使われていないことが多いようです。

 

24時間換気システムは止めないでください!

24時間換気システムの設置は、気密性の高い建物でも室内の換気ができ、汚染物質や化学物質による空気汚染を抑えるためのものですので、原則として換気システムは止めてはいけないことになっています。

ただ、常に換気をしていると、冬場はとくに寒いので、入浴の前後だけでも切りたいと思うかもしれませんが、スイッチを完全に切ってしまうことは、お勧めできないのです。

 

最近の24時間換気システムには、風量が調節できるので、短時間程度なら風量を弱めても換気への影響は少ないでしょう。

 

24時間換気システムを使わない理由!

あなたは、24時間換気換気すステムを、文字通り24時間ずーっと使っていますか?

24時間ずーっと使っていない人の方が多いのではないでしょうか?

24時間換気システムと言えどもスイッチを切ってしまえば、ただの換気扇です。

 

使わない理由をあげてみると、

◆日中は窓を開けているので使う必要がない

◆電気代がかかるので、もったいない

◆深夜になると周りが静かになるので音が気になる

◆冬場は外からの空気が入ってくると寒い

 

結論から言うと、何がなんでも絶対に換気しなければならない、というものではありませんので、、臨機応変に使い分けていただいていいと思います。

ただ、気密性の高い建物で24時間換気システムを止めるとどうなるのでしょうか?

 

24時間換気システムを止めるとどうなるのでしょうか?

建築基準法が改正された主な理由の一つに、その当時に問題となったシックハウス症候群ですが、気密性の高い建物内の空気中に浮遊するアレルギー物質を、強制的に循環させ、排出するために24時間換気システムが設置されました。

 

 窓を開放しただけの状態では風の流れる方向は予測できないので風まかせということになります。 無風ならもちろん室内の空気はよどんだままです。

キッチンやトイレなど、もともと設置されている一部の換気扇だけでは全ての部屋の換気はとうていできません。

そこで、何もしなくても強制的に室内の空気が循環され換気できる装置を設置するように義務付けられたのです。

 

この24時間換気システムを止めてしまうと、今の建物は気密性が高いだけに、汚染物質による空気汚染を抑えることができなくなり、湿気も溜まることから結露には十分に注意が必要になります。

24時間換気は湿気を取り除くことにも非常に貢献していますので、24時間換気を停止する時間が長くなるほど、結露が発生するリスクも高くなるということも念頭に置いて下さい。

結露は目に見えない部分でも発生するので、季節にもよりますが、ご自宅で結露が多く発生する場合は是非24時間換気システムを活用してください。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家不動産(株)みらいえふどうさん
arrow_upward