9:30~18:30
水曜日
2021年05月23日
不動産(売買)の豆知識

最近の新築一戸建てに庇(ひさし)が無い家が多いのは何故?庇は必要ないものですか?

先日、初めて新築一戸建て(建売分譲住宅)をご覧になられたお客様から、こんな質問がありました。ご年配のお客様からはよく頂きます。

「昔の家は窓の上に庇(ひさし)が有ったのに、最近の家には庇が無いのですね」

「後から付けることはできますか?」

「そもそも庇は必要ないのですか?」

 

そこで今日は、「最近の新築一戸建てに庇(ひさし)が無い家が多いのは何故?庇は必要ないものですか?」について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

庇(ひさし)とは? 軒(のき)との違い

「庇(ひさし)」とは、

玄関ポーチやベランダ、窓の上に突き出すように設置された小屋根のことです。

屋根自体の先端が外壁の外側まで張り出した「軒(のき)」とは区別されています。

庇や軒は、古来より受け継がれてきた日本家屋に欠かせない部位の一つですが、その部位はいくつもの重要な役割を担っているのです。

 

窓やドアの開け閉めするときに、雨や風が吹き込むのを防いだり、窓からの直射日光を遮る効果があります。

日本古来から存在する建築技法で素材は木造のものが多いですが、最近では耐久面を考え金属性や強化ガラスの庇も増えてきています。

形にもいくつか種類があり、水平に建材を張った簡易的なものから、上に瓦を葺いて仕上げたものもあります。

 

最新の新築一戸建てに庇が無い理由とは?

最近の新築一戸建てには庇が無い家が多いのでしょうか?

その最大の理由は「固定資産税」に大きく影響するからです。

つまり、庇が付いた部分は、厳密には固定資産税の課税対象になるのです。

 

役所の職員が現地に赴き、屋根・外壁・各部屋の内装などに使われている資材や電気・今日排水等の設備状況を調査した後に評価額が算出され固定資産税の額が決まります。

ただし、庇を取り付けたことでどのくらい税額が上昇するかは、取り付ける庇の構造、素材などによって異なります。たとえば「このサイズの庇を取り付けたので、〇〇円税額が上がります」というような定額制ではないのです。

固定資産税の額は、国が定めた「固定資産評価基準」で定められている単価を適用して算出するのですが、市町村によって違いがあるようです。

 

新築の場合は、完成した翌年から課税されます。

もちろん、新築の建売業者はそのことを知っていますので、新築時に庇を取り付ける場合はその状態で申請しますし、もちろん固定資産税も支払わなければなりません。

 

庇の種類と後付けするときの注意点

庇は、普段の生活の中ではあまり注目されない存在かもしれませんが、建物を劣化から守ったり、直射日光を防いで室内の温度を適温に保つなど、様々な機能を持っています。

最近では立地やデザイン性からあえて庇を付けない家も多いですが、新築建売住宅を購入されて、今は庇が付いていないけれど後付けしたいと考えている人には、是非参考にしてみて下さい。

 

ここでは、庇の種類と後付けするときの注意点について書いてみたいと思います。

1.陸庇(ろくひさし)

2.腕木庇(うできひさし)

3.金属製庇

4.ガラス製庇

 

1.陸庇(ろくひさし)

シンプルな構造をした庇で、施工も比較的簡単に行うことが出来る日本古来から利用されている建築方法です。

屋根部分の勾配が比較的少なく、下部は水平となっています。

「陸(ろく)」とは、建築用語で水平を意味しています。

傾斜のない平らな屋根のことを「陸屋根(ろくやね)」というように、「陸庇」も下部が水平で上部は水はけのための緩い勾配がついた屋根形状になっています。 

 

柱や間柱の側面に庇の型板をしっかりと釘で打ち付けて設置するのですが、後付けの場合はサイジングなどの外壁材の上からビスで打ち込んで柱や間柱に固定します。

 

2.腕木庇(うできひさし)

柱から腕木を出し、庇を支える形状となっています。

凝った作りのものもありますが、簡易的に作られることもありますが、基本的には、柱に開けたほぞ穴に腕木のほぞを差し込んで固定するタイプの庇です。

腕木の上に桁を渡し、垂木を架けて野地板(屋根下地)を張り、屋根材には瓦や銅板などの金属板が使用されることが多いです。

 

ただし、金属板は1寸勾配でも施工が可能なのですが、瓦屋根の場合はは4寸以上の勾配が必要なるので、金属板の庇に比べて勾配がやや急になります。

腕木庇は伝統工法ですので、主に数寄屋造りなどの純和風建築で用いられています。

 

3.金属製庇

耐久性や使い勝手の面から最近では金属製の庇がよく選ばれているようです。

素材の中ではアルミ製のものが選ばれています。

軽量で施工しやすく耐久性もあり、見た目もシンプルでスマートなので、デザイン面から選ばれているようです。

表面の仕上げによって表情が変わるのもアルミ製の特徴の一つです。

 

和風、洋風のどちらの家にもマッチするとの理由で選ばれているのがガリバリウム庇です。

ガルバリウムは、屋根材や外壁材として用いられる金属板で、錆びにくく熱にも強いなど、耐久性・耐摩耗性に優れた建材の一つです。

モダンな雰囲気とメタリックなカラーを好む人には人気があるようです。

 

4.ガラス製庇

強化ガラスを利用した庇です。

視界や光を遮らないので解放感があり、家の見た目もお洒落になります。

デザイン性の高さから、飲食店や美術館などにもよく取り入れられています。

 

最近では、建物のシンプルさを重視して庇をつけない家が多いのですが、そんなシンプルでスタイリッシュな外観を損なうことなく設置できるのが、ガラス製の庇です。

透明感があって主張しすぎないデザインから、玄関ドアの上部に設置する人が多いようです。

 

庇を設置するときに注意点

既製品の庇をDIYで設置することも可能ですが、施工の仕方によっては見えない部分からの雨漏りの危険を伴うのが庇の設置です。

 

経年による雨漏りであればシーリング材の劣化などが考えられますが、

庇を後付けた後に雨漏りが始まったのであれば、防水施工がうまくできていないか、ビス留めしたときに外壁にひび割れができてしまったなどの施工不良が考えられます。

 

また、庇がきちんと固定されていないことが原因で庇が落下したり、台風で飛んでしまうと人身事故につながるので大変危険です。

庇の施工経験があり設置に成功したことのある人であればいいのですが、

雨漏りや人身事故のことを考えると、やはり庇の設置は専門業者に依頼することをお勧めします。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

新築一戸建ての仲介手数料が無料になるかのお見積り!

スーモ、ホームズ、アットホームなどのポータルサイトや、不動産会社のホームページで、気になる新築一戸建て(建売分譲住宅)がございましたら、是非ご相談ください!

未来家(みらいえ)不動産なら、その仲介手数料が最大で無料になります!

 

新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」のご利用方法は、気になる新築一戸建てのURLなどを下記のメールフォームで送信するだけです。

仲介手数料が無料になるかをお調べしご連絡いたします。

未来家不動産からは別の物件を紹介するなどしつこい営業は行いませんのでご安心ください。

 

 ◆新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward