9:30~18:30
水曜日
2019年09月24日
不動産(売買)の豆知識

レインズとは?売主様にも買主様にも知っていて欲しいこと!知らないと損をするかも

あなたが、ご自宅(一戸建て、マンション、土地)を売るときや購入物件を探すときに、不動産会社の担当者から「レインズ」という言葉を聞くことになります。

「レインズ」を簡単に説明すると、不動産会社だけが訪問できるWEBサイトで、現在市場で売却活動している物件や、過去に成約した物件情報が登録されています。

 

「レインズ」にあなたのお家を登録すれば、あなたが依頼した不動産会社以外の不動産会社が保有している購入希望者にも、あなたのお家を紹介してもらうことができるのです。

あなたが購入物件を探しているなら、希望条件で検索してもらえば希望に叶う物件を紹介してもらえるかもしれません。

 

そこで今日は「レインズとは?売主様にも買主様に知っていて欲しいこと」について書いてみたいと思います。

不動産を売買するうえで、「レインズ」とは、どのようなサイトなのかを知っていて欲しいと思います。知らなければ損をしてしまう可能性もあるのです。

 

「レインズ」とは?!

レインズは、「Real Estate Information Network System」の略で、そのまま訳すと不動産情報ネットワークシステムになります。

SUUMO(スーモ)やHOME'S(ホームズ)、at home(アットホーム)のような不動産ポータルサイトと大きな違いは、不動産会社しか利用することができないという点です。

そして、「レインズ」では、現在市場で売却活動中の膨大な数の物件情報や過去の成約事例を見ることができるのです。

 

レインズを運営しているのは、全国に4組織ある「不動産流通機構」です。

・近畿圏不動産流通機構(近畿圏レインズ)

・西日本不動産流通機構(西日本レインズ)

・東日本不動産流通機構(東日本レインズ)

・中部圏不動産流通機構(中部圏レインズ)

 

不動産流通機構は国土交通大臣の指定を受け、地域ごとに管轄されれた組織で不動産取引の適正化と円滑化を目的としています。

 

「レインズ」では売主様の早期売却に役立つ!

あなたが、お家を売るとき、売却活動の依頼を不動産会社にしますが、この依頼契約を「媒介契約(ばいかいけいやく)」といいます。

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、どれかひとつを選んで契約します。

 

このうち、「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」のいずれかで契約した場合、不動産会社にはあなたのお家をレインズへ登録することが義務付けられています。

レインズに登録すれば、あなたが依頼した不動佐会社以外の不動産会社が管理している購入希望者にあなたの不動産を紹介してもらうことができ、結果的に売却成功への近道になると言うことです。


 「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」で注意して欲しいこと

こちらをご覧ください。

※不動産業界でやってはいけない「囲い込み」それは物件を隠すこと!

 

なお、「一般媒介契約」の場合、レインズに登録する義務はないのですが、ほとんどの不動産会社は、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」と同様に登録しています。

 

また、不動産会社は、レインズを見ることで、現在市場で売却活動中の物件を知ることができ、もし、自社に購入希望のお客様がいれば、レインズに登録されている物件を紹介することができるのです。

 

「レインズ」は購入希望者にも役立ちます!

「レインズ」ができる前は、物件情報は、不動産業者間で共有されていませんでした。

 

今では、SUUMO(スーモ)やHOME'S(ホームズ)などの不動産ポータルサイトで情報を得ることはできますが、

「レインズ」ができる前は、購入希望者が物件情報を得るためには直接不動産会社に行き、その会社が持っている情報を教えてもらい、別の情報を知りたいときは、別の不動産会社に行かなければならなかったのです。

 

そこで、各不動産会社が持っている物件情報の共有化を図るため、ひとつのサイトに集約し、一軒の不動産会社で他の不動産会社の情報を取得できるようになりました。

そうすることで購入希望者は、何軒もの不動産会社に足を運ばなくても、一軒の不動産会社で他の不動産会社が持っている情報も取得できるようになったのです。

 

こうして、不動産会社の情報共有のためにつくられたWEBサイトが「レインズ」なのです。

 

「レインズ」では過去の成約事例が分かる!

レインズへ登録している物件の売買が成立した場合、不動産会社はその物件の成約価格、成約年月日などを登録しなければなりません。

成約登録件数が増えれば増えるだけ、その地域の相場が明確になってきます。

 

例えば、土地やマンションの価格査定を行う場合、

私たち不動産業者は「レインズ」の成約事例を必ず確認し、査定対象物件と近隣の成約事例を比較して査定価格を算出します。これを「取引事例比較法」と言います。



「レインズ」では、自社の成約事例だけではなく、他社の成約事例も見ることができます。

つまり、不動産会社の査定は、レインズに登録されている成約事例を参考にするので、どの不動産会社が査定しても、査定価格はほとんど変わりません。

逆に、高い査定価格を提示する不動産会社は、信用できないと言うことになります。

 

「レインズ」は、一般の消費者は閲覧できません!

「レインズ」は不動産会社のみが利用できるサイトで、一般の消費者に公開されていないことには、登録内容が個人情報という理由があります。

「レインズ」には、日々多くの情報が登録され、業者間で情報の共有が行なわれています。そして、そこには「守秘義務」という大前提があります。

 

個人情報の取扱いには、何か問題が生じたときに、その責任の所在を明確にするため、宅地建物取引業の免許を取得した不動産会社でなければ利用できないとしているのです。

つまり「レインズ」は一般消費者が利用することを目的につくられたサイトではないのです。

 

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward