9:30~18:30
水曜日
2020年12月09日
不動産(売買)の豆知識

エコキュート、エコジョーズ、エネファーム、省エネ給湯器の違いがよく分からないので教えてください!

「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」

これらは、今普及している代表的な省エネ給湯器です。

オール電化の新築一戸建てをご案内したお客様から「違いがよく分からないので教えて欲しい」と質問が有りました。

 

そこで今日は、3つの省エネ給湯器の

「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」システムや特長について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門店 未来家不動産株式会社 代表 清水浩治

 

タイプが分かれる省エネ給湯器

なんとなく似ている名称の省エネ給湯器

「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」すが、

システム的に2つのタイプに分かれています。

 

1つは、熱の生産と供給に関する性能を高めた給湯器で「エコキュート」と「エコジョーズ」が該当します。

もう1つは、熱に加えて電力の生産と供給も担う給湯機で「エネファーム」が該当し「コージェネレーションシステム」と呼ばれています。

 

「エコキュート」とは?

一般的に給湯器はガスを使ってお湯を沸していますが、電気を使ってお湯を沸かすのが「エコキュート」はです。

ガスを使わないので、二酸化炭素の排出量も削減され環境にも優しく、深夜電力を使用するので電気料金も安くなるり経済的です。オール電化と組み合わせることで光熱費の削減につながります。

また、沸かしたお湯は湯貯タンクに貯めていますので、災害で断水になったときでもタンク内のお湯を非常用水として使うこともできます。

電気を使う給湯器ですが、停電時でもお湯を取り出せるので安心です。

 

ただし、空気の熱を利用しているので気温が下がる冬場は熱効率が下がり、光熱費がかかると言われています。

また、沸かしたお湯を給湯タンクに溜める仕組みなので、一度に大量に使用するとお湯切れになることもあります。

 

「エコジョーズ」とは?

エコジョーズ給湯器はガスを使ってお湯を沸していますが、

これまで捨てられていた約200℃の熱を再利用して、少ないガス量で効率よくお湯を沸かすタイプの給湯器です。

そのため、従来の給湯器では80%程度だった給湯時の熱効率を95%程度まで高められ、エコジョーズで捨てられる排気熱は40℃~50℃にまで下がります。

 

「エコジョーズ」はガス量を減らすことができるのでガス代の節約につながり、CO2の排出量も削減できるので地球環境に優しい給湯器なのです。

 

「エネファーム」とは?

「エネファーム」は都市ガスやプロパンガス(LPガス)から取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電するシステムで、発電時に出る熱も捨てずに効率よく利用してお湯も沸かします。

「エネファーム」の発電効率は40%程度のものが多いのですが、中には50%を超える製品もあり、太陽光発電の発電効率20%程度と比較すると「エネファーム」の発電能力は高いと言えます。

 

家庭で使う電気とお湯を一緒に作り出す「エネファーム」は、二酸化炭素の排出量が少なく、環境にも優しく、既存の電力網に頼らずに家庭で発電ができるので、東日本大震災以降さらに注目度が高まりました。

ただし、オール電化住宅では採用できないのと

性能が高い反面、初期費用の高さがネックになるかもしれません。

 

エネルギーとファーム(農場)で「エネファーム」

エネファームの正式名称は、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムのことです。

「エネファーム」と言う名称は「エネルギー」と「ファーム(農場)」を合わせた造語で、家庭用燃料電池の認知向上を推進するために統一化されたもので、言わば愛称(ニックネーム)なのです。

 

まとめてみました!

エコキュート、エコジョーズ、エコファーム、の違いや特徴について書いてきましたが、「どれが一番いい」という訳ではありません。

ご家庭によって、電力やガスの使用量、あるいは、オール電化を希望するなど、それそれの生活状況によって条件が異なりますので最適なものは様々だと思います。

 

メーカーによって性能も異なりますので、あなたのお住まいのかたちに最も適した製品を探してみてください。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

みらいえふどうさんの「コンテンツ」

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward