9:30~18:30
水曜日
2021年02月13日
不動産(売買)の豆知識

きょうばい?、けいばい?「競売」の読み方はどっちが正解? 競売の実務とは?

「競売」という文字を見たことがある人は多いと思います。

それではこれを「きょうばい」と読みますか?それとも「けいばい」と読みますか?

正解はどちらでしょう?

実は「競売」の読み方は、実務の場面によって変わるのです。

と言うことは、どちらも正解になります。

 

そこで今日は「きょうばい?、けいばい?「競売」の読み方はどっちが正解?」についてと、併せて、競売の実務についても少し詳しく書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

一般用語か法律用語かで読み方が変わります

「競売」は、「一般用語(日常用語や放送用語)」か「法律用語」かで読み方が変わるだけで「きょうばい」も「けいばい」もどちらも正解です。

一般用語(日常用語、放送用語)では「きょうばい」、法律用語では「けいばい」と読みます。

 

例えば、絵画や骨董品などの競り売りでは「きょうばい」、裁判所が行う競売は「けいばい」だと理解していただければ分かりやすいと思います。

ですから、弁護士や司法書士、宅建業者は「けいばい」と言い、同じ内容でも、日常会話やテレビなどのメディアでは「きょうばい」と言っています。

 

ちなみに、「遺言」

日常会話など一般用語では「ゆいごん」と言い、法律用語では「いごん」と読みます。

競売も遺言も、本来と異なる場面で読み方を間違えると違和感を覚える人もいるので気をつけてください。

 

ことらも併せてご覧ください

ゆいごん?、いごん?「遺言」の読み方はどっちが正解? 遺言と遺言書

https://miraie-f.co.jp/contents/6806

 

マイホームに深く関わることがある「けいばい」

住宅ローンを借りる場合、債権者である金融機関は債務者の自宅(土地・建物)を担保に取り抵当権を設定します。

毎月の返済が滞り住宅ローンの支払が困難になると、金融機関は債権の回収を考えます。

持家であっても、抵当権が設定されている以上、住宅ローンの返済が滞れば、競売という形で強制的に売却にかけられてしまいます。

 

このように競売とは、金融機関などが債権回収のため、裁判所を通じて不動産を強制的に売却する手続きのことです。

 

競売のデメリット

しかし、競売にはいくつかのデメリットがあります。

・売却価格が市場価格(相場)を大幅に下回る

・そのため、債権回収後の融資残高が多い

・競売にかかると物件情報が官報やオンライン上で公開される

 

競売で自宅が売却されても債権額より低い金額でしか売れなければ残債が生じることがありますが、その残債の返済義務がなくなることはありません。

競売後の残債は無担保債権となり、そのような債権は不良債権として法務省の認可を受けた債権回収会社(サービサー)に譲渡されます。

債務者は自分の生活が破綻しない範囲で返済計画を作成しなければいけません。

 

本来なら一括返済をしなければならないのですが、債務者の住宅ローンを滞納しなければならないような経済状況を考慮して、残債より少ない額での返済や、分割での返済ができるかもしれませんので、交渉は不可欠です。

ただし、収入があるのに返済に応じない場合は給料が差押さえられることもあります。

 

以上のことから、極力「競売」になるような状況は避けたいものです。 競売に掛かる前にできる手段として「任意売却」という方法があります。

 

こちらも併せてご覧ください

「任意売却」と「競売」のメリット・デメリット!

住宅ローンを滞納すると家はどうなるのでしょうか? 

https://miraie-f.co.jp/contents/3230

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

みらいえふどうさんの「コンテンツ」

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward