9:30~18:30
水曜日
2021年10月24日
不動産(売買)の豆知識

起工式と地鎮祭の違い!知ってるようで知らないこと!

昨日、起工式に参列させていただきました。

私の仕事柄からか、お隣の人にある質問を受けました。

それは「起工式と地鎮祭って違うものですか?」です。

 

そこで今日は「起工式と地鎮祭の違い!知ってるようで知らないこと」について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

起工式と地鎮祭の違い

起工式と地鎮祭の違いを簡単に説明すると

 

起工式は、

工事に着工するときに行われ、無事に着工に至ったことを喜びと工事の順調な進捗と安全を祈願する式のことです。

地鎮祭は、

工事に着手する前に行われ、その土地に住む神様を祝い鎮め、神様にその土地を使用することの許可をいただき、これからの工事の安全と繁栄を祈願する式のことです。

 

どちらも今後の工事の安全を願うためのもので、内容もよく似ているので、最近では簡略化され同時に行われることもありますが、いずれにしても施主や施工者の意向で決めることが多いようです。

 

今では起工式と地鎮祭は同じ趣旨のものになっている

現在では、

起工式と地鎮祭は、同じ趣旨内容のものとなっています。

 

では、どのように区別されているかというと、

起工式は、工事着手時に行う式典で公共工事では地鎮祭とは言わず起工式とするのが一般的で、

地鎮祭は、個人住宅・一般企業の建築工事着手事に行う式典になっています。

 

祭神にも違いがあります。

起工式の祭神は、手置帆負命(たおきほおいのみこと:工匠の守護神)彦狭知命 (ひこさしりのみこと:工匠の守護神)産土大神(うぶすなのおおかみ:土地の氏神様)となり、

地鎮祭では、大地主神(おおとこぬしのかみ:大地の守護神),産土大神(うぶすなのおおかみ:土地の氏神様)が祭神になります。

 

 

◆こちらも併せてご覧ください

マイホームを建築する時の地鎮祭は絶対にやらなければならないのですか?

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

未来家(みらいえ)不動産のコンテンツ

新築一戸建ての仲介手数料が無料になるかのお見積り!

スーモホームズアットホームなどのポータルサイトや、不動産会社のホームページで、気になる新築一戸建て(建売分譲住宅)がございましたら、是非ご相談ください!

未来家(みらいえ)不動産なら、その仲介手数料が最大で無料になります!

 

新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」のご利用方法は、気になる新築一戸建てのURLなどを下記のメールフォームで送信するだけです。

仲介手数料が無料になるかをお調べしご連絡いたします。

未来家不動産からは別の物件を紹介するなどしつこい営業は行いませんのでご安心ください。

 

 ◆新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward